ビッグな自分に成る為に変わり続ける。諦めずに行動し続けることの重要性とは

辻橋 陽平

京都外国語大学 英米語学部英米語学科

ー2021年3月卒

PROFILE

キャリアバイトにより未来電子の事を知り、1回生からインターンを始める。 辻橋君はインターン生でありながら、未来電子に「メール営業」という新しい仕組みを創り、様々な場面で活躍してくれている。将来、ビッグに成ることを目指す辻橋君。彼がその目標を達成するために、未来電子でどのような活動に取り組んでいるのかに迫る。

環境を変えるために自分が変わる

-辻橋君は1回生という早い時期から未来電子のインターンに参加していますが、インターンを始めたきっかけとかありますか?

インターンを始めた理由は、「環境を変えたかった」からです。僕は石川県の地元から出てきて、下宿していましたけど、大学生活が上手くいっていませんでした。大学って、講義で知識を学ぶのは勿論、広範囲でのサークルとかでの人間関係の構築、社会に出るための予備校としての側面など色々ありますよね。けれど、僕はどれも中途半端な状況でした。つまり、みんなが言う「大学デビュー」に失敗してしまった状態です。人間関係もそうですが。講義も高校の授業の延長線上に感じちゃって「あれ? 思っていたのと違う」ってなったんですね。それで「ここに4年間居ても意味ないんじゃないかな」と思うようになって、それから大学での生活が魅力的ではなくなってしまったんです。

-1日の大半を大学で過ごすのに、そういう考えを抱いてしまうと苦しいですよね。

そうですね。受験勉強を頑張った分、余計辛かったです。僕って面白い事や楽しい事をするのが好きなので、その状況は苦痛でしかなかったんですね。「そうするために、今をどう変えればいいか」を考えた結果、大学の他にもコミュニティを作ってみたり、新しい環境に出会ったりして、「自分から変わりに行こう」と思うようになりました。人間を変える方法は3種類しかないって話をご存知ですか? 1つ目が時間の管理を変える、2つ目が人付き合いを変える、3つ目が住む場所を変える。全ての変える要因を合わせたのが環境だと思うんですよね。下宿している身ですから、住む場所を変えるのは簡単にできませんし、時間の管理も下手だったので、人付き合いから変えてみようと思いました。それらを踏まえて、インターンを始めてみようと思ったんです。

-アルバイトをしようとは思わなかったのですか?

僕はアルバイトがすごく嫌いで、高校生の時でも2ヶ月しかしたことないんですね。アルバイトも学びはありますが、それでも「時間と自身の成長が見合っていない」って色んな人の話を聞いて思っていました。けれど、面白い事や楽しむことも好きなので、お金は絶対必要なんですよね。そこで、有給のインターンがあることを知り、「これなら自分も成長出来て、お金ももらえる!!」と考え、やってみようと思いました。

自分から「なんとかして」活躍の場を広げる

-現在は営業で活躍していますが、そのきっかけとかありますか?

インターンを始めた時、課題として課題図書とかがあったんですけれど、その中に「ルービックキューブを2分以内で揃える」という課題があったんですよね。本来なら、ステップを踏んで5週間で全面揃えられるようにする課題だったんですが、代表と面談した際に、「とりあえず何かしないと」と火を焚きつけられてしまいまして。「その日の帰りから取り組めるものは何か」と考えたら、それが最適でしたので、最初に取り組みましたね。それを週末に1日7時間ずつ取り組んで、1分半以内に揃えられるようにしました。その後の出社した時に、休憩がてらやっていたら、それを見ていた平野さんに、初対面にも関わらず「お前やるな」って、言ってもらえたんですね。その後、平野さんが代表に進言してくれて、その日のご飯につれていってもらえました。その際に「お前、営業やらんか」と言ってもらえたのが、営業を始めたきっかけですね。

-その話は有名ですね。私もその話を聞いて「年下に負けられない!!」と焚きつけられて、プライベートのほとんどの時間を費やしてしました。1日に7時間も取り組むほど焚きつけられた理由はありますか?

僕は最初、PRチームにいたんですよね。最初の2週間は仕事のイロハを学んでいたんですが、全然面白いと思えなかったんです。初めてのインターンだったので「きっと面白いんだろうな」とか期待してたのですが、自分の期待に添うほどではありませんでした。「なんでこんなことをやっているんだろう…」なんて思ってしまうこともありましたね。その時に、代表と面談をしていただいて、課題の面白さに気が付きました。それ以前にも課題があることは知っていましたが、そこまで重要でないと勝手に判断してしまっていたんですね。最初の方は代表に怖い印象を抱いていましたが、面談を繰り返していくうちに、「この人ともっと話したい、ついていきたい」と思うようになりました。そのためにも、「まずは、ルービックキューブで成果を見せよう!!」と思えたのが、今の業務にも響いていると思います。

結果が出なくても諦めずに取り組むことで新しい道を開いた

-営業チームで長い間活動されていますが、辛かった事や苦しかったことはありますか?

10月に営業チームでご飯食べに行く機会があったので、そこに参加させていただいたことを機に営業チームの業務に参加しました。けれども、そこから1月中旬ぐらいまでの3ヶ月間は一切の成果を残せていませんでした。営業チームの先輩である平野さんや加屋さんに面倒を見て頂いたり、お2人のやり方を伺ったりしたんですけれども、自分で勝手にアレンジしてしまって…

-「自分に合うのはこれじゃない」と多くの大学生がアレンジしてしまいますよね。できる人を「マネすること」は本当に重要ですよね。

本当にそう思います。「これで本当に契約が取れるの?」とか考えてしまうこともありましたね。成功している人のマネをするための準備時間も、京都までの往復の交通時間で取られてしまっていました。人のやり方を完全にコピーするのがその3ヶ月間全くできていなかったです。「1日200件かけろ」って言われても、3時間で30件、1時間10件ぐらいしかできないこともありました。丸1日を未来電子に費やしているのに、200件のリストのために20時間は絶対に用意できません。その上、トークスキルなど営業に必要な能力も育てる必要がありますので、本当に時間は足りていませんでした。

-体力面、精神面の両方とも辛そうですね。

本当にあの3ヶ月間は辛かったです。こんな状態が続いていれば、当然社員の岩崎さんからも耳の痛い事を言われました。あまりにも僕が成果を出せなかったため、1月の社内会議で「今の状態が続くのであれば、彼のためにもならないし、辞めさせた方が良いんじゃない?」なんて話も出たそうです。実は、その数日前に岩崎さんが「電話取れないんだから、メールで営業して」と、辞めさせるつもりで僕に仕事をくれたんですね。そしたら、会議の2時間前に送ったメールの返信が来て、その2日後には契約となりました。それがあったから岩崎さんが会議の時に「あいつはメールで成果残せたから、俺が引き取ります」と言ってくれたそうです。それで首の皮もどうにか繋がって、メールでの営業を続けていたら、1日1つの契約を5日連続ですることもできました。

-なるほど。今の仕組みができるにはそのような話があったのですね。3ヶ月間諦めずに取り組み続けてきたらこそ、今の結果があるのでしょう。現在のメール営業で楽しい事は何ですか?

メールで返信が返ってきたり、今の状況を知ることが一番楽しいですね。社員の黒田さんとかは本当に営業が上手なんで、訪問に行って頂ければ、ほとんど契約してきていただけるので、結果を聞くのが本当に楽しみです。自分がその仕組みに入って、回せているのが何よりも嬉しいです。

自分のために時間をかけ続ける

-辻橋君は未来電子の営業業務に新しい仕組みを作ってくれましたが、目標や、これからやってみたいこと、変えていきたい所などはありますか?

ビッグに成ることが僕のゴールです。それに少しでも近づくためにも、これから始まるGOUniteに参加しようと思っています。僕は新しい事に参加するのも好きですが、多くの人に会って、その人から色んな事を吸収するのが特に好きなんです。けれども、何社も掛け持ちしてインターンに参加するのって、時間的にも難しいですよね。GOUniteなら、決まった時間数で多くのインターンに参加することができます。これって今までにないサービスじゃないですか。僕は、このGOUniteが巨大なサービスに成る可能性が高いって考えているんですよね。ここで誰よりも先に成果を上げることができたら、提供されること以上の利益を得られるんじゃないかって考えています。

-行動力を身に付けること。それもビッグに成る為には欠かせないことかもしれませんね。

最後にこれからインターンを始める人たちにメッセージをお願いします。

「何か変わりたい」と考えているなら、今すぐにでも行動に移すべきです。行動してみないと何もわかりません。海外に行くことでも、インターネットで事業を始めてみることでも何でも、変わりたい環境に身を投じるべきです。

-環境を俯瞰するのではなく、飛び込む。環境も自ら切り開いて、チャレンジしていく。

そうですね。それに付け加えるなら、飛び込んだ環境にはドップリと 浸かるべきです。本気度は時間が一番可視化できると思っていて、片手間でやるにしてもしっかりと時間をかけて続けるべきだと考えています。

-辻橋君が未来電子で、そのことをしっかりと結果に出してくれていますね。最後に、ビッグに成る為のプランなどがあれば教えてください。

尊敬する人と一緒に過ごす時間を長く用意することです。僕は今まで出会った人の中で代表が考え方、ビジネスなどの面で一番ビッグだと思っています。僕は「その人をコピーすることでしかビッグに成れないこと」が一番の近道に成ることを直感的に理解しました。代表の思想を完全にコピーするためにも、これから継続していきたいです。

 


RECOMMEND