2017.7.14

留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよって話 PART3 留学の目的はインスタちゃうで編


こんにちは。

未来電子テクノロジーでインターンをしている高橋陽(あき)です。

少し自己紹介をすると、僕の留学中一番辛かったことは、真冬の寒空の下、夜中の3時に街中で遭難したことです。(この話もいつかできたらなあと思います笑)

さて前回は、留学して英語しゃべれるだけでは行き着く先はボブっていうお話をしました。今回は、観光気分で留学してる奴なんなん?ってお話です。

 

留学の目的はインスタちゃうで

突然ですが、みなさんは留学中の友達のインスタグラム(またはフェイスブック)を見て、「こいつなんなん?キモっ!」と感じた経験はありますか?僕はめっちゃあります笑 

留学先のキャンパスでのちょっとおしゃれな一枚や旅行先でイキったポーズの一枚、こんなんが留学系インスタには溢れかえっています。

さらに極めつけは意味わからんハッシュタグの応酬です。代表例が#happy,#fun,#beautiful といったところでしょうか。

テンション上がりすぎて、#swagとか#nofilterなどのタグも使っちゃいます。

でもちょっと待ってください、僕たちが知ってたあの子はこんな英語使うキャラでしたっけ?「こんなん普段言ってへんやん」とか「こいつほんまに意味わかって使ってんの?」っていう声が聞こえてきそうですね。

こういう人たちってなんかインスタに「私留学楽しんでる!」っていうアピールをするのが目的になってますよね。

 

インスタやってる暇があったら勉強したらいいのになーと僕は思ってしまいます。(とはいえ自分もやってました笑)

留学ってそもそも「学ぶ」って目的があるんですよね。

その国に留まってその国の言語や文化を学ぶことが留学の核となる部分です。

インスタに写真投稿して、なんか学びありますか?まあ、ないです笑 

そもそもインスタみたいなSNSって自分や団体を売り込む自己顕示欲ツールですもん。

大前提、留学は観光ではありませんし、あなたのインスタなんて誰も注意してみていませんよ?

インスタでいい感じの写真投稿したいんだったら友達と1週間ぐらい旅行行った方がいいです。

その方が楽しいし、お金もかかりません。

 

実際のところ、SNSやらない系の留学生の方が、個人的な感覚として価値の高い(学びの多い)留学をしています。

日本国内の友達が、その人のインスタを見て、「こいつ全然友達おらへんのちゃうん?」とか笑ってくるぐらいがちょうどいいのかなと思います。

インスタに出てこない系の人たちってほんまに集中して勉強に取り組んでたりするんです。

むしろアピールをわざわざしなくてもその人たちの留学はめちゃくちゃ充実してて、自分の成長ってとこに意識が向いてるんだと思います。

 

僕はあくまで留学して楽しい思いをするなって言いたいわけではありません。

むしろ逆です。めっちゃパーティー行って友達作ったほうがいいです。

そっちの方が留学として実りがあります。

僕がここで言いたいのはインスタとかフェイスブックで自分の留学楽しいぜアピールをする時間があれば、もっと勉強に力を入れるとかいろんな人と会って新しい価値観を得る。

そういった意識を留学に対して持つべきじゃないかなって思うんです。

留学は気づいたらすぐ終わっちゃいます。

留学でしか体験できないチャレンジにもっと時間を投資するべきではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

留学してインスタばっかやってる暇があったら他のことにチャレンジしよう!

そうすることで留学をより意味のあるものにできると思います。

 

次回も留学行ってるのに意味ねえよシリーズをお届けしたいと思います。それでは!!

 

関連記事

留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよって話 PART1 留学で一番の友達は日本人編

留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよって話 PART2 お前の名前はボブ編

 

この後読まれている記事

なんで英語って勉強しないといけないって言われてるの?
英語を身につけたいなら留学はするな?
留学しなくても、最短・独学でTOEICで成果を残すための勉強法


この記事を書いた人

高橋 陽

立命館大学

高橋 陽

RECOMMEND