勝てる場所で勝負する〜その戦略に迫る〜

福村美月

ー卒

PROFILE


 

 

こんにちは!

PRとアウトサイド人事を行っている渡辺成秀です!

 

今回はディレクターとして活躍する福村美月さんにインタビューをしました。

とても話しやすく、頼れるリーダーです!

 

【自己紹介と入社理由】

 

渡辺:インタビュー初めていきます!よろしくお願いします

自己紹介いいですか?

 

福村:いまはマーケターチームのディレクターを務めている立命館大学2回生の福村美月と申します。入社時期は7月中旬で、8ヶ月目になります。

 

渡辺:まずは未来電子に入った理由はなんですか?

 

福村:学校の専攻が小学校の教職員免許を取ることで、授業は基本的に教育関係なんですね。しかし、コロナがあったことで教育のプロジェクトとか無くなってしまって、「自分そういうことしかしてないな」と思い、マーケティングに興味を持って勢いで応募しました。

 

渡辺:なるほどね!最初は誰のチームに所属した?

 

福村:ライターからADまで新宅くんのチームでした。

 

渡辺:どうでしたか?新宅くんチームは?

 

福村:私はこう見えて人見知りやって、リモートで話すのに苦手やったから、ずっと新宅くんにしがみついていました笑

すごい丁寧に教えてくれて、とてもお世話になりましたね。

 

【人をまとめる立場で意識したこと】

 

渡辺:その後ADになるのですが、何でADになろうと思った?

 

福村:ADになりたいというよりはマネージャーになりたいと思ってましたね。

入った頃から全体が明確でなくて、上の方の立場に立った方がしっかり仕組みが見れるのかなと思ったのと、とりあえず経験としてマネジメント側をしておいた方がいいかなって思ってマネージャーを目指しましたね。

 

渡辺:ADになって「チームを見る」立場になったと思うけど、面白さとかあったりした?

 

福村:ありました!そもそも直接会ってなくてコミュニケーション取るのって難しくないですか?

そこにいないから、「どこまで伝わっているのだろう」とかが難しいと思ったのですけど、いざ始まってみると、どうにか工夫したら「あれ?意外といけるな!」って感じましたね。

そこでキャラクターを掴めるのが面白かったなって思っています。

 

渡辺:どんな工夫とかしてましたか?

 

福村:ADの時は、とりあえずその人のタイプとかキャラクターとかを知りたいから、質問攻めしてました笑

そこで寡黙な子とかの心を開けていくと、楽しかったです!

 

渡辺:次はマネージャーに行ったけど、どうやった?楽しかった?苦しかった?

 

福村:面白い部分は、誰かに頼られるのが好きで、「私頑張れてる!」って実感できるんですよ笑

頼られるっていかにもマネージャーじゃないですか。

いろいろ質問してくれるのが結構嬉しくて、それに加えて、みんなが自律的に何かをするのを見れるのが楽しかったですね。

 

渡辺:わかるわ〜、頼られるとやりがいって出てくるよね!

ここまで楽しかったことやけど、逆に大変だったこととかなかったの?

マネージャーだと入ったばかりのライターの人が多いから大変かなって思うけど、苦労とかあったの?

 

福村:「リーチ@(インターンで使うサイト)とかチャットワーク(インターンで使うコミュニケーションツール)で◯◯がわからないです。」に対して文章で伝えるのには苦労しました。横にいたら実演できるし、zoomとか見せながらできるけど、毎回行うのも不可能なので、とても大変でしたね。

 

渡辺:なるほどね!どうやって乗り越えた?

 

福村:とりあえず心底丁寧に行いました!とにかく文章を読んで確実にわかるように、丁寧に行いましたね!

 

【ディレクターならではの苦労と成長】

 

渡辺:そういうマネージャー、超嬉しい!!最初困っている時だからこそ、助けてもらうと本当に嬉しかった!

そこからディレクターに行くけど、マネージャーとの違い何かあった?

 

福村:マネージャーは付きっきりでその人のことを全部把握した上で進めていくんですけど、ディレクターになったらみんな1人でできるメンバーが揃っていて、統制を取るのが難しかったです。みんな経験も積んできて、個人の能力は備えているじゃないですか?バラバラにやろうと思えばやれる環境でチームとしてまとめるのが大変でした。

 

渡辺:確かに、みんなエグゼクティブ(チームに所属しないインターン生)に行っても活躍できるからね!

 

福村:そうです!エグゼクティブにいける人もいれば、まだディレクターチーム1ヶ月目の人もいるから、結構分散していて、「どうしたらいいんかな?」って悩んでいました。

 

渡辺:それでどうしたの??

 

福村:私は結果でチームを導いていけるタイプではないんですね。他のディレクターを見ると、すごい結果を出すじゃないですか。そこで、自分は結果で引っ張ることができないから、コミュニケーションを取ってまとめていきましたね。

「メンバーの〇〇が良かった!」と長文のメッセージをチームチャットで全員に流して、メンバーをお互いが知れるような感じっていうのを意識してました!

個人面談の時でも、他のメンバーの名前を出してしていましたね!

 

渡辺:確かに今のディレクターの達成率ってえげつないですよね!

 

福村:本当そうなんですよ!今のディレクターのレベルが本当に高すぎて、、、

だから繋がりの部分で頑張れるのかなって思って、そこは意識しています。

 

渡辺:繋がりっていうとチームは1ヶ月で変わるじゃん。それでもうまくいったって思う?

 

個人として実感できてるかと言われるとそうでもないんですけど、私的に嬉しかったのは、メンバーにプラスアルファで何かするように言ってたんですね。私が絡んでないところメンバーがzoomなりチャットなりで絡んでるのが嬉しかったし、他のチームとも交流する機会を積極的に設けて進めていくのが、チームのメンバーが活躍していてすごい嬉しかったです。

 

【今後について】

 

渡辺:じゃあ次は将来のことについて話そか!これからは何していく?

 

福村:まずはエグゼクティブと人事を兼任して、人事をやろうかなと思ってますね。

 

渡辺:じゃあ志望動機を!

 

福村:まず、今の時点でチームとか未来電子に対してプラスアルファで何かをする時間が今なかったから、そういった時間を設けられるようにしたいなって思ってました。そこでエグゼクティブに行って、時間を作ってプラスアルファをしようと決めていたところ、人事の方からお話をいただきました。そこがきっかけなんですけど、先ほど言ったように、組織を上から見ることに興味があるので、「人事が当てはまる!」と思ってそこで人事をやろうと決めました。

やりたいことと、やれることが重なったので人事をやりたいですね。

 

渡辺:どういった人事になりたいとかある?

 

福村:フラットに話せる人事になりたいですね!

私が入社した時は「あっ!人事の人や!」って感じで上に見ていたので、そこを変えてフラットにいけたらと思ってますね!

 

【福村さんを知ろう】

 

渡辺:フラットに話すためには人間味を知ることが大切なので、少し人間味について話しましょう!

趣味は何があります?

 

福村:映画見たり、漫画みたり、落書きをしたり。面白くないですけど(笑)

映画だとイミテーションゲーム、アニメ・漫画だと鬼滅とか呪術廻戦とジャンプで見るようなのが好きです!

 

渡辺:好きなシーンとかあったりする?

 

福村:好きな漫画がブリーチなんですけど、ウルキオラが死ぬときに織姫を見つめながら死ぬのが好きです!笑

敵なんですけど、儚く死んでしまうのが本当に好きですね。

 

渡辺:休日はインドアの趣味をして時間を過ごすの?

 

福村:ドライブとかもいきますよ!海とかにブラっと行ったりします。

小中高とスポーツをたくさんやってきて、水泳・体操・陸上・ハンドボール・チアリーディング・バスケ・バレー・ラグビーやってましたね笑

でも、物を使ってする系のスポーツは苦手なんですよ、テニスとかバドミントンとか!

直接触れてたらいけます笑

 

なるほど!福村さんの新たな一面が知れて良かったです。

では本日はありがとうございました!

 

この後は留学の話とか趣味の話とかをしましたが、知りたい方は福村さんが人事になって交流するときに聞いてみてください!

 

今回学べたことは「自分で勝てる場所で勝負する」ことです。

福村さんなら「メンバーの中を深めること」がありますが、それ以外にも、結果を必ず出すことやメンバーと異常に向き合うことなどがあります。

これは就活でもキャリア形成でも言えることなので、自分が勝てる場所で勝負を仕掛けて、そこで勝っていきましょう!