有意義な休学にするためにはどうすればいいか

升谷友哉

立命館大学 経済学部

ー2021卒

PROFILE


こんにちは、体験談を担当している高山です!
今回はCSとして活躍している升谷さんにインタビューしてきました!彼は現在インターン生で最も社員さんに近いポジションで働いています。そんな彼の考えていることとは??さっそくいきましょう!!

□升谷さんってどんな人?

ー今日はよろしくお願いいたします。
まずは自己紹介からお願いします!

こんにちは、立命館大学三回生の升谷友哉です。

7月に入社して2ヶ月間はライター、それから3ヶ月間はウェブ広告運用とこのサイトの管理をしていました。

先月の1月からはカスタマーサクセスチームに所属させていただき、クライアントへの納品管理、マーケティングチーム全体の進捗管理を行なっています。

 

ーありがとうございます、あんまり馴染みのある業務じゃないですよね。笑 多分みんな気になってるんですけどどんな業務しているのか具体的に教えてもらっても良いですか??

 

カスタマーサクセスというのは、自社の商品やサービスを使用していただいている顧客を成功に導くことを目指しています。

僕はその領域で顧客が満足できる自社のウェブコンテンツを納期内にきちんと納品することが仕事の最低ラインです。

それをどのように実現するのかを色々試しているので、僕の仕事はこれです!と言えるものはあまりないかもしれないですね。

他にはクライアントとの打ち合わせに使用する企画書の作成も行なっています。

 

ーかなり色々な業務をやってるんですね。1番根幹にあるのはどういった仕事なのですか??

最低限は、ミスなく約束した時に納品することです。それにプラスしていって企画書をよくしたり、アナリティクスで自社のサービスがどれだけよくなってきたかを資料にまとめたりして他のCSの社員さんの打ち合わせに使います!

ーなるほど、かなり大事なポジションですね。やりがいとかってありますか??

仕事している感はありますね。裁量が大きいのが特に良いです。こうした方が良いと思ったことはすぐに行動できるし、お客さんとやりとりもするので。あとは1つのことをずっとやり続けるのではなくて問題解決を連続でしていく側面がとても良いですね。

ーその前は広告をしてましたよね。あれってどんな仕事だったんですか??

広告は自社サイトにどうすれば人が多く集まってインターン生が増えていくかを考えるポジションで、SNSとかサイトのコンテンツを全て1人で管理していました。その時はとても大変でしたね。月に170時間くらいは働いていました。笑

ー170時間ってやばいですね、、、笑 それほどのコミット力があるから今も重要なポジションを任されているんですね。

□休学について

ーところで升谷くんは休学していますよね。これにはどのような意図があるんですか??

休学をする前に留学をしていまして、帰ってきたと同時にサマーインターンに行ったんですよ。ただね、東京の学生に打ちのめされたんですよ。笑 それでこれは戦えねぇなってなって。

その時に、自分には真剣に何かにぶつかった経験がないんだと感じて、未来電子で実際に働いて就活を1年間遅らせようと思ったんです。だから休学を選びました。

ー休学という選択をしてみて、今は正解だと思いますか?

休学はとても良くて、必ずしもする必要はないんですけど、休学をするとやりたいことに打ち込めるし、全力で何かをできるので今はしてよかったなと思っています。まだ半年残ってますけどね笑

 

ーそうなんですね、、、でも休学って結構堕落しそうなイメージがあるのですけど、そうならないために気をつけていることはありますか??

環境ですね。そうならないところに自分を置くのが1番です。まず休学前に目的をはっきりさせておいて、自分の目的を叶えられる環境に身をおけば自然と自律することができると思います。

 

ーそんな方法を取ってるんですね。

 

□仕事観について

ー升谷くんはインターン生の中では最も社員さんに近いポジションで働いていると思うのですが、学生と社会人の1番の違いはどこにあると思いますか??

良い意味でも悪い意味でも責任が伴うかどうかですね。社会人になって1つの会社と契約することになると、1つ1つの行動に問われる責任の大きさが変わってくると思いますね。学生のうちのバイトのようにあまり責任がないようなことが多いので裏を返せば色々なことのハードルが低いということですかね。

ーなるほど、確かに升谷くんの仕事内容は責任が大きいですね。1つのミスも許されない状況で何かをして褒められるようなこともあまりないポジションだと思うんですけど、他の仕事をしているインターン生とこういうところが意識として違うとかありますか?

確かに昨年は広告というどちらかというと攻めの部門にいて、今は守りの部分にいますね。ミスしないのが普通、1つでもすれば責任を問われるポジションではあります。ただ、自分がコミットすればするほど裁量も上がってきますし、今後はどんどん攻めに近いこともやっていこうと思いますね。その中で新しいことばかりではなく今あるものをどれだけ維持できるかも大事な指標だと思っています。

ーなるほど、これからはどんな風になっていきたいとかありますか??

これからはもう一度攻めていきたいですね。笑 また、大学生という立場を利用して色々な挑戦を行いたいと思っています!!

ー今回は以上になります!升谷さん、ご協力ありがとうございました!

これからも未来電子を盛り上げていきましょう!


入社後のステップ

入社後はマーケティングチームへ。コミット力が評価されて一気に広告担当に抜擢される。現在はカスタマーサクセスとして社員に混じり業務を行なっている。