会社のオンラインコミュニティで仕事を学ぶ、
まったく新しい習い事。

勉強は大学で、仕事は会社で。大学では学べない仕事を楽しく習う場を、
インターン受け入れ実績関西No.1の未来電子が作りました。
各月1,078円で、さまざまな仕事のやり方を学ぶコミュニティに参加できます。

とにかくなんでもやってみる、できるかどうかは考えない

山本 庸平

京都大学 経済学部

ー2020年3月卒

PROFILE

京都オフィスの爽やかイケメン代表。 未来電子でインターンをしながらも、サッカーサークルでも精力的に活動。マーケティングのほとんどの業務を経験し、未来電子には欠かせない人材。

今回は京都オフィスのイケメン!山本庸平くんにインタビューさせていただきました!

 

未来電子に入社し半年、マーケティングチームで様々な業務を経験してきた彼の話にわくわくです。

さっそく聞いていきましょう!

 

■山本くんってどんな人?

今日はよろしくお願いします。

まずは自己紹介からお願いします!

こちらこそよろしくお願いします。

京都大学経済学部3回生の山本庸平です。

今年の4月に入社しマーケティングチームに入り、今月でちょうど半年間ですね。

もう結構な古株ですね。(笑)

 

京都大学、、頭良いですね!

京都新オフィスは京大のすぐそばでいつでも出勤できて羨ましいです、、
未来電子に入社しようと思った理由はなんですか?

 

入社した理由としては、大学で自分の在籍しているゼミの生徒のレベルに焦りを感じたからですかね。

ゼミに在籍する学生が本当にレベルが高くて、自分の能力の足りなさを感じていました。

そこで何か一つ経験することで新しい考え方、視野が手に入れられればと思って未来電子に来ました。

 

■未来電子に入社してみて

実際に入社されてみていかがでしたか?

未来電子の印象などを聞かせてください!

 

そうですね、入社時には未来電子のインターン生が自信を持って業務をしているなと感じましたね。

未来電子には様々な業務があるんですけど、みんな自分に自信がある感じでした。

僕が新人時代にいろんな人にわからないことや質問をした時にみんなテキパキと答えてくれて、最初のころはそんな方たちにすごく憧れていましたね。

はやくこんな風に働けるようになりたいと感じ、努力したことを覚えています。

 

確かに自信を持って業務に取り掛かっている人が多いし、憧れる気持ちもわかります!

山本くんはどんな業務をされてきたんですか?

 

4月に入社後、最初の2ヶ月はライターとして勤務していました。

三ヶ月目からマーケティングチームのマネージャーとアナリストを兼任することになり、その翌月からそれに加え社内を盛り上げるための社内報も担当することになりました。

さらに8月から9月はライターの最高ランクであるエグゼクティブライターもしていました。

10月に入った今は社内報とマーケティングチームのマネージャーをしています。

今月から学校が始まったこともあるんですが、別の理由でも今は以前に比べ忙しさはなくなりましたね。
実は社内で新しいことをやろうと考えているので、今はそっちに集中するため負担は軽減にしています(笑)

 

ほんとにたくさんの業務をされてきていますよね!

それも同時に、、

そんなにたくさんの業務をやってきて困難はありませんでしたか?

 

そうですね、入社三ヶ月から始めたアナリストとマネージャーの兼任は本当に大変でしたね。

どちらも初めての業務でこの2つを同時にするのには苦労しました。

アナリストの業務には締切があるんですが、最初のころはその締切に追われていたので業務の質の部分にこだわれていませんでした。
マネージャーの仕事は精神的にきついときもありますね。

 

自分がアナリストで忙しい、さらにチームメンバーのマネジメントもあるので本当に両立が大変でした。

自分のメンバーが目標を達成できない状態になってしまったり、退社したいという人がいたり、その頃は時期的に他社のサマーインターンも行っていたので直接メンバーに会う時間もあまりないといったこともありまして、、

 

忙しくも充実しそうな生活ですね!

そんな困難はどうやって乗り越えたんですか??

 

時間的、精神的負担が大きくてそれで自分が圧迫されていると感じていました。

なのでまずは時間管理から徹底していくようにしましたね。
生活習慣の改善から取り組み、次の日はどんな業務を行うのかを意識しました。

スケジュールを決めてそれを徹底する、シンプルですけど効果的でしたね。

これをやったら少し休憩、次はこれをやる、と徹底して行いました。
そうすることでタイムマネジメント能力が身についたと思います。

時間管理ができるようになると一つの業務にかける時間も以前よりとれるようになったので、自然と業務の質も改善しました。

 

タイムマネジメントは社会にでても必ず必要なスキル。

今、身に付けておいて損はありませんね!

 

■未来電子でどんなことが成長できた?

 

そんな忙しい日々を未来電子で過ごしてきていかがでしたか?

自分の中で変化、成長はありましたか?

 

やっぱり半年間、仕事をしてきて自分に自信というものがつきましたね。

自分の強みであったり、どんなことが得意、やりがいを感じるのかということが分かってきました。
また業務に対する姿勢も変わりました。

今までは何か仕事を振られても自分の生活が忙しくなってしまうと考えたりすることがあったのですが、今では振られた仕事には積極的に手を挙げるようになりました。
仕事を振る側も快くやってくれる人にお願いしたいじゃないですか。

そういった姿勢になったのも未来電子でのインターンのおかげだと思います。

 

最後にこれからの進路について教えてください!

 

僕は未来電子に来て半年で、様々な業務を経験してきました。

それで未来電子という組織についても色々知識がつき、視野が広がりました。

ですので先程もあったように新規事業の立案を詰めていってますね。

インターン生にそういった機会があることも未来電子の特徴だと思います。
未来電子以外では

僕は今3回生なので、就活に向けて動き出している感じです。

未来電子を卒業後、どんな業界で就職したいのかまだわからない部分があるので、今は色々インターンに行ってみてます。

 

今回は以上になります!

 

取材ご協力ありがとうございました!
アナリストにエグゼクティブライター、マネージャーと半年間でたくさんの業務を経験してきた山本くん。

 

最近ではプレステージまで計画しています。
なんでも主体的に行動できる彼はいまや、マーケティングチーム、未来電子には欠かすことのできない優秀な人材です!


入社後のステップ

入社後2ヶ月はマーケティングチームでライターとして勤務。
三ヶ月目からはマネージャーとアナリストを兼任。その翌月から社内報を担当。現在は新規事業を企画中。