2019.3.8

学生生活とインターンの両立に必要なことは?

片野大樹

京都外国語大学 インターン

片野大樹


常に成長すること

*仕事(インターン)を私生活の中に入れないことが大事

インドでインターンをしていたときは土日休みの週5勤務、無給、10時~17時で一か月働いていました。その時は手一杯でしたし、他に時間を割くほど時間的にも精神的にも余裕はありませんでした。平日忙しい分、土日は活動的なことが多かったです。せっかくの海外ですので、休息日にするよりもあちこち観光したいと思うからです。インドで出会った日本人学生と過ごし、インドという多文化共生国家を通じた交流(学生という立場で、上下関係がなく、フラットに話すことができる)が刺激になったからです。やはりダイバーシティの社会では「違いを認識すること、双方向性のコミュニケーション、ジェンダーを考え、年齢・性別だけが決めないこと」は大事でしょう。

多様であるためのコミュニティ

*自分が何を好きで、嫌いかを考えることの重要性

日本でもコミュニティづくりは大事だと考えています。

働き方改革の本質も社会がダイバーシティを必要としているから。

誰もが自分らしい生活をすることが、総じて社会に還元されます。

そしてこれからは頭と心と知性で考えることが重要だと考えています。

私は社会通念と倫理観、知性で物事を考えなければいけないと感じています。

そのためのコミュニティづくりが重要だと感じています。


この記事を書いた人

片野大樹

京都外国語大学インターン

片野大樹