2019.2.22

経験して良かったアルバイトは?

小笠原健登

京都産業大学

小笠原健登


経験して良かったアルバイトは、京都産業大学内の情報センターの補助員です。
大学寮にいる間は大学内のバイトしか勤務できない決まりになっているので、大学内のバイトを探していたところ、このバイトを見つけてすぐに応募しました。
勤務内容は、主に大学内の情報環境の整備や、大学内の情報環境の疑問、学生や先生方の疑問に応える、など多岐に渡ります。
このバイトを経験して良かったことは、信頼できる先輩と仲良くなれたことです。
その先輩に下宿先への大家さんの仲介や、PCの知識(プログラミングなど)を色々教えてもらえました。
バイトの良いところは、スキルの上達の他にも、新しい人とのコネクションができることに価値があると学びました。
経験していたらよかったと思うアルバイトは、高校の頃にPCを使ってプログラミングのバイトをやっておけば良かったと後悔しています。
高校の頃、暇な時間をPCの勉強に当てて、リモートでできるバイトをやっておけば大学生になってもっと色々とできる業務が増えたのに、と考えています。


この記事を書いた人

小笠原健登

京都産業大学

小笠原健登