2021.9.18

長期インターンをお考えの方へ!フルリモートのメリットをご紹介!

同志社大学 インターン

宮川直晃


皆さん、こんにちは。

6月から未来電子テクノロジーに所属しており、今月で4ヶ月目となる宮川です。

 

今回は長期インターンをお考えの方に向けて、フルリモートのメリットを紹介します。

「インターンに参加する勇気がなかなか出ない」という方はぜひご覧ください。

 

□長期インターンをフルリモートでおこなうメリットとは?

 

ここでは、私が未来電子のインターンに参加してフルリモートで良かったなと感じた点を3つ紹介します。

 

1つ目は、隙間時間に業務をおこなえることです。

 

勤務先までの移動の手間がかからないため、移動時間という無駄な時間を省けます。

また、1時間程度の空き時間でも気軽に業務に取りかかれるため、時間を有効活用できます。

 

2つ目は、さまざまな地域の人と関わり合えることです。

 

リモートでない場合だと、いっしょに業務をおこなうのは自分が住んでいる地域の人に限定されます。

しかし、リモートの場合だと自分の住んでいる地域に限定されることなく、日本各地や海外に住んでいる人とも関わりを持てます。

実際、未来電子に所属してから北海道や沖縄、韓国に住む人など、普段では絶対に関わることのない人との関わりが増えました。

方言が出るので、話していておもしろいですよ。

 

3つ目は、コミュニケーションを取りやすいことです。

 

これは全ての方に当てはまることではないと思います。

おそらく、直接会って話したほうが相手との距離を縮めやすいと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、直接会って話すよりもオンラインで話すほうがコミュニケーションを取りやすい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

初めて会う人と直接会って話すのは緊張しますよね。

私も初対面の方と話すのは苦手なタイプなので、その気持ちが良くわかります。

そんな私でも、未来電子で初対面の方と話すときは、もちろんある程度は緊張しますが、実際に会って話すときよりも緊張が少ないように感じます。

 

しかしながら、「将来は直接会って人と関わることになるのだからデメリットなのでは」という意見もあるでしょう。

もちろんその意見も尊重できます。

リモートでは身につかないスキルもあると思います。

 

しかし、逆に考えればリモートでしか身につかないスキルもあるのではないでしょうか。

これまで直接会ってできていたことが、オンラインでもできるとは限りません。

コロナ禍が収束したとしても、今後はリモートでの在宅ワークが増えていきます。

リモート化が進む今だからこそ、リモートでしか身につかないスキルを習得すべきなのではないでしょうか。

 

□未来電子でのリモート業務について

 

ここまで、フルリモートのメリットを紹介しました。

未来電子では新型コロナウイルスの感染拡大以降、フルリモートでの業務にシフトチェンジされました。

私自身、フルリモートになる前から働いていたわけではないので、フルリモートになる前後での比較はできませんが、とても働きやすいと感じています。

 

とくに、時間、場所を問わず業務に取りかかれる点はとても魅力的です。

インターンだけではなく、他のことにも時間を使いたい方にぴったりだと思います。

 

また、チャットやオンラインミーティングの活動に積極的に参加することで新たな人脈が得られます。

就活の相談にも乗ってくださる優しい人たちばかりなので、とても活動しやすいですよ。

 

□まとめ

 

今回は、長期インターンをお考えの方に向けて、フルリモートのメリットを紹介しました。

 

コロナ禍でやりたいことができない今だからこそ、フルリモートのインターンで新たなスキルを磨いてみませんか。

その挑戦はきっと将来のあなた自身につながるはずです。

 

未来電子のインターンで未来の道を切り開きましょう。


この記事を書いた人

同志社大学インターン

宮川直晃