2019.9.20

未来電子での業務を経験して、学んだ効率良く作業をするための方法

山本拓磨

関西外国語大学 インターン

山本拓磨


こんにちは。

 

関西外国語大学英語キャリア学部3回生の山本拓磨と申します。

 

現在は、プログラミングとアナリスト業務を担当しています。

 

今月はこの二つだけで、少し落ち着いてきたのですが、先月は正直時間的にあまり余裕がありませんでした。

 

なぜなら、先月はプログラミング、マネージャー、アナリスト、校正、投稿作業などをしていたからです。

 

これらの業務をきちんと期限内に終わらせるためには、効率よく作業するやり方を身に付ける必要があります。

 

そこで今回は、僕が実践した効率良く作業をこなす方法をいくつか紹介したいと思います。

 

優先順位を決める

 

僕の場合、複数の業務を同時にこなしていたため、何からすれば良いのか分からないことがありました。

 

そのため、まずはその日にするべきことをメモして、それから優先順位をつけることを心がけました。

 

当たり前かも知れませんが、そうすることで、作業中も「今これをしていて良いのかな?」という事を考えることが無くなり、より集中して業務に取り組むことができました。

 

また、優先順位をつけたとしても、予定の時間内に終わらせないことがありました。

 

そういう時は、一旦その作業を止めて、次に優先順位が高い業務に取り掛かるようにしました。

 

そして、時間が余れば、終わらせなかったことに時間を割くことを意識しました。

 

その結果、何とか未来電子と業務と学業も両立できたので、優先順位を決めて集中すること

は非常に重要だと思います。

 

重要度を決める

いくら優先順位を決めたとしても、必ず上手くいくとは限りません。

 

例えば、友達から遊びに誘われたり、急にタスクを依頼されたりと予想外な事が起こる可能性があります。

 

その際、「これは本当に今重要なことなのか?」を考えることで、本当に集中してやるべきことを選択することにしました。

 

また、未来電子の業務のほとんどは、期限が決まっているため、それを目安に重要度を考えていました。

 

これからも、やるべき事がたくさんある状況に直面した時は、まず重要度をきちんと決めてから取り掛かりたいと思います。

 

 

まとめ

以上、自分なりに実践した効率の良い作業方法を紹介しました。

 

皆さんの中には、二つ以上の作業を同時にすることで、効率化を図っている方もいると思いますが、僕の経験上マルチタスクはあまりおすすめしません。

 

特に未来電子の場合、業務を早く終わらせるだけでなく、質もとても重要です。

 

したがって、早く終わらせた上で質も維持するためにも、上記の内容を実践してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 


この記事を書いた人

山本拓磨

関西外国語大学インターン

山本拓磨