京都

プログラミングもくもく会〜もうエラーは怖くない〜を開きました!

日時 4/13(11:00~19:00)
開催地
住所
参加費
定員


こんにちは。

未来電子・京都プログラミングコースのマネージャーをしております、畑野です。

立命館大学の情報理工学部に所属しています。

 

最近、プログラミングコース生の人数が増えつつあります。

僕と同じ学部の方が増えているので、とても嬉しいです。

もちろん、同じように

「プログラミング未経験」

「文系」

と言った方も参加されている印象がありますね。

 

さて、未来電子の京都オフィスでは、毎週土曜日にプログラミングもくもく会を開催しています。

今回は、このもくもく会の活動報告をしたいと思います。

 

□もくもく会とは?

「もくもく会ってなんぞや?」

と思われた方もおられるでしょう。

もくもく会は、参加者が各自好きな作業を「もくもく」とするイベントです。

ここだけではなく、色々なところで開催されていますね。

 

 

□皆何してるの?

プログラミングもくもく会の参加者は、全員がプログラミングコース受講者かプログラミング実務者です。

なので、ほとんどの方がプログラミングをしていますね。

中には、マーケティング業務を進めている方もいます。

 

4/13の活動内容について

この日のもくもく会では、あるテーマを設けました。

それは、

「エラーなんて怖くない!デバッグ方法を身に付けよう!」

です。

プログラミングにはエラーはつきものです。

しかし、エラーに対して物怖じしてしまうのはあまり良くありません。

 

「エラーが起こったら質問して、皆で解決しよう!」

「デバッグに慣れてもらおう」

というのがこのもくもく会のテーマの趣旨でした。

 

しかし…

「エラーが起こらない!」

 

 

結局、合計2個ほどしかエラーが出なかったので、ちょっと味気ないかなぁと思いました。

でもまぁ、エラーは起こらないに越したことは無いですよね。

 

□さいごに

もくもく会は、一人で黙々と勉強をします。

ですが、思いの外コミュニケーションが取れるなぁと思いました。

やはり、プログラミングを勉強するのでしたら、コミュニケーションを取れる環境に身を置くというのも大切でしょう。

一人で勉強していても、淋しいですからね。

 

プログラミングコースがどんなものか気になる方は↓↓

プログラミング