大阪

学校で習ったけど実は使わない英語

日時 毎週どこかで(13:30~14:30)
開催地 大阪オフィス
住所 本町岡村ビル4F
参加費 無料
定員 なし人

全体向けコンテンツ
<概要>週に大阪と京都で1回ずつ開講しています。

<対象者>全員

<この講座にオススメの人>
・英語が喋れるようになりたい人
・英語は学習したいが何からすれば分からない人
・発音を勉強したい人
・リスニング力を向上させたい人
・英語で英語を考えれるようになりたい人

<コンセプト>
英語が喋れる、使えるようになる”きっかけ”を提供します
文法や構文の講座などはしません
あくまでこの全体講座では”使える英語”にフォーカスします

<内容>

:〇〇を知るだけでネィティブ並みの発音をができる方法
:リスニングが嘘みたいに良くなる方法
:日本いながら英語漬けにする方法
:英語で英語を理解する方法
:伝わる英語と伝わらない英語の違いetc….

中学や高校では絶対に習わない事を学べます


こんにちは英語チームです。

今日もどんどん英語についてシェアしていきます。

 

「Hi, how are you?」

英語でおなじみのこの挨拶に皆さんはなんて答えていますか?

 

「I’m fine thank you?」

 

学校ではこう習いましたよね。

ですが実際にはほとんど使いません。

実際使われるのは

 

「Good! you?」

 

なんですね。

今回はこんな風に学校では習わない英会話についてご紹介します。

 

例えば「どういたしまして」

 

「You are welcome」

と習ったと思うのですが

実際に多く使われているのは

 

「No worries!」 なんですね。

「You are welcome」はほとんど使われていません。

 

他には「 How come?」 という表現。教科書で出てきたことありますか?

実は「なぜ?」と聞いているんです。

 

You were absent today! How come?(今日欠席したよね、どうして?)

I just could not wake up.(起きれなかっただけだよ)

 

このように「Why」よりも「How come」を好んで使う人は大勢います。

いきなり聞かれても知らないとなかなか答えられないですよね。

英会話は実は一番簡単なようで難しい分野なんです。

 

例えば友達に

「Why don’t you hang out tonight?」と聞かれてすぐに返事できますか?

これはhang outを知らないと答えられませんよね。

 

hang out は遊ぶ、という意味なので

これは今夜遊ばないか?と誘っている文章なんです。

 

遊ぶ=playで皆さん習ったと思います。でも実際playには「小さな子供がおもちゃで遊ぶ」感じの「遊ぶ」というニュアンスがあるので大人が “Why don’t you play tonight?”と聞くと

相手は「ちょっとこの人…」と思うようなので使わないように!(笑)

 

授業で習わないでも実はよく使う言葉はまだまだあります。

学校で習う英語は基本お上品な硬い英語なんですね。

なので

日常英会話にはほぼ当てはまらない=日常英会話は難しい

と言われるんです。

次回は英語圏でよく使うスラングについてもう少し掘り下げてみたいと思います。

では!