大阪

過去形と現在完了のこんなにもニュアンスが違う

日時 毎週どこかで(13:30~14:30)
開催地 大阪オフィス
住所 本町岡村ビル4F
参加費 無料
定員

全体向けコンテンツ
<概要>週に大阪と京都で1回ずつ開講しています。

<対象者>全員

<この講座にオススメの人>
・英語が喋れるようになりたい人
・英語は学習したいが何からすれば分からない人
・発音を勉強したい人
・リスニング力を向上させたい人
・英語で英語を考えれるようになりたい人

<コンセプト>
英語が喋れる、使えるようになる”きっかけ”を提供します
文法や構文の講座などはしません
あくまでこの全体講座では”使える英語”にフォーカスします

<内容>

:〇〇を知るだけでネィティブ並みの発音をができる方法
:リスニングが嘘みたいに良くなる方法
:日本いながら英語漬けにする方法
:英語で英語を理解する方法
:伝わる英語と伝わらない英語の違いetc….

中学や高校では絶対に習わない事を学べます


こんにちは。

英語脳チームです。今日も村中さんがニュアンスの違いについて話してくれます。

感情が違う?

1) I finished my homework

2) I have finished my homework

日本語にするとどちらも「宿題が終わった」という意味ですよね。

ではなぜ2種類も表現方法があるのでしょうか。

両者の違いは点か線か、ということです。

簡単に言うと、

過去形はその時の1点上の例文で言えば「終わった」この一点のみを指します。

それに対して現在完了形は線なので、宿題を始めたときから終わったとき(現在)までを指します。

もう少し砕いていうと、

過去形は「事実」を述べただけに過ぎない一方で、現在完了形は「今の感情」をも表現する、ということです。

その違いがなんやねん!と言いたくなりますが、相手に伝わることが大きく違います。

過去形だと相手に伝わる情報は「私が宿題を終わらせた」という事実のみです。

しかし、現在完了形を使うことで「聞いて聞いて!私は今宿題終わらせたんやで!」といった話し手の感情面も伝えることができます。

極端な例ですが、過去形で「終わった」と言われると相手は「へー」と思うだけですが、現在完了形で「終わった」と言われると「そーなん!おめでとう!」と返したくなるくらい伝わる内容が違うんです。

ここで1つ、豆知識

そもそもなぜ現在完了形にhaveを使うか皆さん知っていますか?

have:持っている

ですよね。現在完了形は「~といった経験を持っている」と言いたいがための表現なので「have」を使うんです。

I have been to NY.

私はニューヨークに行ったことがあります。(そういう経験を持っています)

といった感じですね。

もう1つ、

現在完了形は英語ではpresent perfect といいます。

Present(現在のこと)までperfect(完全に)含んだ自制ということですね!

どうでしょう、英語から見てみると過去形と一緒に見えていた現在完了形もだいぶ違うように見えてきたのではないでしょうか?

次回は学校では習わない、でもめちゃめちゃ使う日常英会話についてお話しします。ではでは!