大阪

裏技上等!簡単ネイティブ発音「フラップT」について

日時 毎週どこかで(13:30~14:30)
開催地 大阪オフィス
住所 本町岡村ビル4F
参加費 無料
定員

全体向けコンテンツ
<概要>週に大阪と京都で1回ずつ開講しています。

<対象者>全員

<この講座にオススメの人>
・英語が喋れるようになりたい人
・英語は学習したいが何からすれば分からない人
・発音を勉強したい人
・リスニング力を向上させたい人
・英語で英語を考えれるようになりたい人

<コンセプト>
英語が喋れる、使えるようになる”きっかけ”を提供します
文法や構文の講座などはしません
あくまでこの全体講座では”使える英語”にフォーカスします

<内容>

:〇〇を知るだけでネィティブ並みの発音をができる方法
:リスニングが嘘みたいに良くなる方法
:日本いながら英語漬けにする方法
:英語で英語を理解する方法
:伝わる英語と伝わらない英語の違いetc….

中学や高校では絶対に習わない事を学べます


こんにちは英語チームです。

今日も村中さんが発音について書いてくれました。

発音は一番重要って言っても過言ではないので、あなたも最後まで読んでください。

「フラップT

皆さんこんにちは。

今回は大阪の英語講座でもお話しした

実はめっちゃ簡単にできるネイティブ発音「フラップT」についてお話しします。

まず皆さん「フラップT」って何かご存知ですか?

知っている方はここら辺すっ飛ばしてください。

母音の間に挟まれた「t」や(:water)

母音+r」の後の「t」のことです。

(:important)

これらの「t」は発音が日本の「らりるれろ」に非常に近い発音に変わります。

簡単に言えば

waterウォーター」は「ウォーラー」と言うと、あっという間にネイティブ発音になるんです。

RでもLでもない「ら」の発音でいいので日本人にとってすごく発音しやすいんです。

いくつか例載せときますね。

water:ウォーラー(ウォールー)

bottle:ボルー

important:インポーラント

matter:マラー

better:ベラー

といった感じです。

この中のmatterですが、

it doesn’t matter(全然気にしない)とよく使います。

betterもよく使いますよね。

much better(そっちのが断然いい)みたいに。

学校ではあまりフラップTの存在、発音方法習わないと思います。

日本教育は発音全然気にしないところが多いので、、、

だから簡単なのに発音している人が少ないんです。

ならば!!使ってやろうじゃないですか!!

「何こいつちょっと調子乗ってる」とか思う奴には思わせておけばいいんです。笑

そう思われたらあなたの発音がネイティブに聞こえているということです。恥じることはありません。

裏技

1つ皆さんに言っておくことがあります。

この発音方法、いわゆる「裏技」です。

正規の発音ではなく、「ぽく聞こえる発音」です。ほんとはしっかりとしたフラップTの発音方法がありますがここではあえて割愛します。

気になる方、裏技が許せない方はググってください。

裏技上等!

ぽく聞こえたら発音としては合格なんです。(自論)

次回は学校で習った未来形はネイティブにとっては未来形ではなかった件、について、ネイティブの未来形のニュアンスについてお話ししたいと思います。ではでは。