大阪

ホストマザー直伝「絶対直る」発音練習方法

日時 毎週どこかで(13:30~14:30)
開催地 大阪オフィス
住所 本町岡村ビル4F
参加費 無料
定員

全体向けコンテンツ
<概要>週に大阪と京都で1回ずつ開講しています。

<対象者>全員

<この講座にオススメの人>
・英語が喋れるようになりたい人
・英語は学習したいが何からすれば分からない人
・発音を勉強したい人
・リスニング力を向上させたい人
・英語で英語を考えれるようになりたい人

<コンセプト>
英語が喋れる、使えるようになる”きっかけ”を提供します
文法や構文の講座などはしません
あくまでこの全体講座では”使える英語”にフォーカスします

<内容>

:〇〇を知るだけでネィティブ並みの発音をができる方法
:リスニングが嘘みたいに良くなる方法
:日本いながら英語漬けにする方法
:英語で英語を理解する方法
:伝わる英語と伝わらない英語の違いetc….

中学や高校では絶対に習わない事を学べます


こんにちは!英語チームです。

今日は村中さんが発音について書いてくれました。

宣言して自分を追い込む

こんにちは という時、英語では「hello」ですよね。

ジャングリッシュ(日本人の英語発音のこと)では「ハロー」が一般的だと思います。

「ハロー」なら英語として通じます。

が、やっぱりネイティブと話をしていると自分の発音の悪さが直に感じられて正直英語で喋るのが恥ずかしいくらいでした。

ジェラートの一件のこともあって、私は 「絶対発音変えてやる」ってホストマザーに宣言したんです。

あとで考えてみると誰かに宣言することはいい案ですよね。

ダイエットで体重をブログで毎日報告すると成功する、みたいに「やらな!」感がでます。

マザーは色んな発音練習方法を教えてくれました。(スパルタでした、、、笑)

私のホストマザーは幸い、色んな国から沢山の生徒をホームステイさせてきた家だったのでこういう事がよくあるんだと思います。

手馴れていました笑

前置きがだいぶ長くなりましたが、本題に入りますね。

発音練習方法

私がホストマザーから教えてもらって1年やり続けた発音練習方法です。

1. 洋楽の歌詞を完璧にコピーする

誰でも自分の好きな曲でいいんです。

その歌詞を忠実に発音良く言えるようにすること。

歌のスピードについていける、覚え込むまでリピートすることです。

私はこれを通学のバスで毎日やってました。(口パクですが周りの目は気にしたら負けです。笑)

最初から早く口を回すことは無理やのでバラードから入るのがいいです。

全ての音に注意することは難しいので最初は「r」だけに注意してする、みたいに1つずつクリアしていく方がいいですね。

2. 洋画のセリフ丸覚えする

さっきの歌詞もいいですが、フレーズのリンギングも言えるようになりたいならこれです。

かっこいいな、言ってみたいな、というセリフを何十回かいうと言えるようになります。

(本当に!) 私は一生「get out of here」言ってましたね。

響きがかっこよくて!笑 (意味:ここから出る、出て行けなど。

次に何かアクション起こす時とかによく使います。)

最後に

発音において私が言えることは 「真似」と「努力」が重要、ということです。

特に「努力」。 2.3日で発音が上手くなる、なんてことはないです。

最低でも2.3ヶ月はかかります。すぐに効果なんて出ません。

やり続けてください。

こんな偉そうに語ってますが私の発音もまだまだなのでもっと精進します。笑

次回は日本人に発音しやすい、でもあまり発音されていない、簡単なネイティブ発音をご紹介します!お楽しみに!