大阪

7/19 Real English Pronunciation

日時 2017年07月19日(14:15-15:00)
開催地 大阪オフィス
住所 〒550-0011 大阪府大阪市西区阿波座1丁目2番10号4F 本町岡村ビル4階
参加費 無料
定員 10~15人
服装

英語のSpeakingアクティビティを一新します!参加者全員を2ヶ月でネイティブになれます!発音のみにフォーカスすることで、短時間で高成長を実現します。
つまり単語や文法などは一切行いません。
ですので、英語知識が全く無い場合でもネイティブにすることができます。


本日の授業内容

本日はth の発音でした!

th は日本人が最も苦手とする発音の一つで、発音の仕方は歯で少し舌を1~2ミリはさんで発音します。

th と言えば、this, they, the, that, fatherなどなどみなさんよく見かける言葉がありますが、実は皆さん間違った発音をしていることが多いのです。

例えば、think 日本語だと皆さん「シンク」と発音してしまうかもしれませんが、実際のth の部分の発音はth になるので「ティンク」に近い発音になります。

また、thには濁って発音するものもあり、that がその例です。日本人はthat nの発音を「ザット」と発音しがちですが実際は、先程のthの発音を濁らせたザとダが混ざり合ったような音になります。

ネイティヴスピーカーでも言いにくい音

本日の練習ではclothes/cloth という単語を使ってthの練習をしましたが、実はclothes という単語はネイティヴスピーカーでもとても言いにくい言葉みたいです。

clothes を実際の会話で話すときはcloseと発音しているそうで、日本語で言う雰囲気(「ふいんき」と皆さん言いますが実際は「ふんいき」ですよね?)のような感じなのでしょうか。

言葉は違えど、英語にも日本語と似たようなところがあると思うと、面白いですね!