「いや、でも」を我慢すること。それが人を成長させる

森 楓

近畿大学 経営学部経営学科

ー2018年3月卒

PROFILE

大学3年時にワーキングホリデーを利用してカナダへ留学し帰国後「成長しなあかん」という感覚に襲われ、インターンを探すなかで未来電子に参加。社内ではPRチームで結果を出した後に姿勢が認められメディアチームへ移籍。現在では少数精鋭のメディアチームの一員として日々アポイントの獲得に奮闘している。

成長したから次の段階にいかなあかん

―未来電子にきたのはいつからですか?

3年の10月ぐらいです。

―なんでインターンをしようと思ったんですか?

同じ時間使うなら、バイトするよりインターンした方が身になるやろうっていうだけです。何かに自分の時間を投資しないといけないなと思っていて。僕ワーキングホリデーでカナダに留学してたんですけど、ちょうどカナダから帰ってきたときに動き始めた感じですね。

―ワーキングホリデーの話ちょっと聞かして欲しいです。

就労が許可されているビザで一年間有効なんですけど、要は向こうで働けるのであまり資金がいらないです。僕の場合は最初の4週間ホームステイと語学学校いくパックを出国前に申し込んでいて、その先は考えずに行ったんで、4週間後の家賃とかのこともあって、結構追い込まれた形で仕事を探しました。「みんなやってるから、やったらいけるやろう」みたいな感覚で生活してましたね。

―へぇ、なるほど。海外で働きたいとかそういうのもあったりしたんですか?

いや、楽しいかな?と思ったのと、身分担保されているこの学生の時間を自由に使っておかないと、後悔するイメージがあったのが大きいですね。30ぐらいになって、子供とか出来たときに「あの時行っといたら良かった」って、絶対一瞬は考えちゃうだろうなと思ったので、それなら行ってしまえばいいかなって。

―そんな思いで行って、帰ってきたときはどんな感じでしたか?

行っただけで「自分がちょっと成長したな」みたいな感じに思ったんですけど、それなら行く前と同じようにバイトばっかりに時間潰しても意味ないなって思って、「俺は成長したから次の段階行かなあかん」っていう感覚になったんです。それで次のステップとしてインターンが頭に浮かびました。

―インターンも、業種、会社によって何をするとかって色々変わると思うんだけど、あんまり気にしてなかった?

正直、行かないと分かんないんで気にしてなかったですね。業種とかも大事かなとは思いますが、やっぱり環境が1番かなって思っていて、インターン行きたいって言っとる人で何にも頑張らん人っていないだろうなって思って。みんな一生懸命、それなりに頑張る奴が集まってる環境、それは絶対自分にとってプラスかなって。

―留学もやっぱり、全然違う環境やったから、それ振り返って、感じたことがあったからこそ、もう1回環境を変えてみようとしたって感じですね。

 

居心地の悪さを変えていく

―ワーホリのときにはインターンとかは考えなかったんですか? 

考えてなかったですね。完全にアルバイトのみでした。

―なんか海外で働いていたからこそ活きている経験とかってありますか?

飲食のキッチンで働いていたんですけど、ぼく語学学校もひと月しか行ってないくらいなので、やっぱり英語は全然話せないんですね。その中で周りは話せる人ばかりの状況で、全く話せない自分が働かせてもらっていたので、居心地が悪かったんですね。僕の感覚としては「こいつ置いとかなあかん」みたいな存在じゃないと、居心地悪いんです。だから、喋れない分「野菜お前らの4倍切ったんぞ」くらいの感じで働いて、自分の存在価値を高めようとしてました。そのときの感覚が未来電子でも活きているなとは感じます。

―確かに自分で勝手に楽しめるようにしてるイメージはあるね。向こうで居心地悪いのを仕事で取り返そうみたい状態で働いていたと思いますが、未来電子でもちょっと落ちた時期があったと思う。やっぱりそのときの居心地って悪かった?

悪かったですね。結構出社してる日数が多かったので、関係は作れてるたんですけど、成果で見たら全く出せてなくて。だからみんなちょっと気まずい顔になるっていうのでかなり居心地が悪かったです。でも仕事で取り返していくしかないなとは感じていた中で、今営業のシステムが上手く整備された状態で、成果を出せていってるのでようやく居心地を変えられたかなと思いますね。

―今システムとしては誰でもステップを踏んで最速で上がれるようになってて、あとは頑張り次第みたいな状態になってるイメージがある。でもそのなかでもやっぱりやめていく人もいるわけで、そのやめる人やめない人の違いってなんやろうか?

一つ言えるのはやっぱり新しい子がすぐやめたりするんですけど、居心地悪いんじゃないかなって。というのも、僕らは波に乗っていけいけどんどんでやってる中にいきなり入った状態で、自分は出来ない時に先輩との差を感じるとやっぱり辛いんやろうなと。やることも決して楽ではないわけですし。

ニュートラルに物事を捉える

―そのやめていく人がいる中で自分との違いってなんだと思いますか?

例えば、嫌な仕事をばんと与えられた時に、「嫌やなあ」って思うのか、「すごいのが来たなぁ」「結構きついの来たなあ」ぐらいの感じで捉えれるか、の違いなのかなと思います。

―物事をニュートラルに捉えてるかっていうところやね。だからある意味達観して見て、とりあえずやってみるみたいな。

今起こってる状況に関して、嫌なところばっかり見つけていると、やっぱり周りが何を言っても、難しいかなと思いますね。今の新しい子と色々話していて思うのはやっぱり、文句が多いというか。物事に対していきなりマイナスイメージを前提に考えがちですね。しんどい状況でも考え方1つで、自分の取り組み方なり変わるじゃないですか。だからそういった点を踏まえても、物事を初めからマイナスイメージで捉えずに、ある程度ニュートラルに捉えておくことは精神衛生上もいいことなんじゃないかなと思います。

「いや、でも」を我慢する

―未来電子を続けて頑張れている理由みたいなのってどこにありますか?

素直ですかね。なんかこう、詰められたりしたら「や、でも」って、みんなたぶん出ると思うんですよ。でもこれ、「でも」を1回我慢して話聞いてみたら、ほんま勉強になること、みんな年上の人って言ってくれてるなと思って。そういうのも、機会逃さないで、毎回「でも」を出さずに、素直に受け入れて、人間力みたいなのを上げるために、聞くっていうのを続けてみたら、全然違うとこからの物事が見えたり、それが成長やったりするんかな、みたいなことをここ最近ずっと思ってましたね。

―「いや、でも」って使ってしまったら、まだ自分の考えが同じままで、物事見て捉え方も変わらないけど、「いや、でも」我慢して、もう1回受け入れてみたら、なんかちがう考え方できるというか、すごい心の広い人になってるというか。個人的に見た楓は、心が広いというか、動じなさそうな、今のニュートラルな、常に居そうな気がしててるそんなイメージを持ってるね。

ありがとうございます。僕も普通に嫌なこと言われたら、「嫌やなあ」と思ってたと思うんです。でも、環境ですかね。自分が「嫌やな」と思ってることが、この環境では正しくなかったり。小学生の時とかって、怒られることってあるじゃないですか。でもこの会社入って、怒られるとは違う感じがしていて。怒るというより、諭すに近い感じですね。怒られてるんじゃない、自分のこと、改善しようとしてきてる上司の人、これ絶対受け入れるべきっていうのを未来電子に来てから感じますね。あと、やめていく人を見てるとやっぱりこの面で素直さが足りない人が多いなとはおもいますね。

―確かに、怒られるじゃないけど、何か自分が考えてたんと違うこと言われた時に、そういう風に受け取れるようじゃないと、「ここは俺と違うんだ」っていうような感覚になって去るっていう結果にはなるかもね。そうなるとこちらとしても何かを提供できることはなくなるから、そこは気に留めといて欲しいっていうのもありますね。

やっぱりこう、辞めた人としゃべったのとか思い出したりしたら、完全に粗探しをする人が多いなって。当然、ベンチャーで、資金力も莫大ではない中で、評価を十分にできてないとこもあるかもしれないですけど。粗探ししてもその人自身の成長に全く繋がらないし、誰も得しないなっておもいます。

この人が書いた記事