関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 怒ってくれる人がいるのは幸せなこと。

上司に怒られて「あいつ面倒くさいな」って思ったことありませんか?

誰でも「怒られる」より、「褒められる」ほうが嬉しいものです。

しかし、人は「褒められる」だけでは成長しないと思うんですよね。

特に新卒やインターン生は、

怒ってくれる人を見つけるべきです。

なぜか?

怒ってくれるということは、

相手に対して120%で関わってくれている証拠です。

世の中で良く言われていることですが、

相手のことが「どうでもいい」なら怒ることはまずないし、

何をしていても全く気になりません。

新人は社内であんまり声が掛けられなくなったら

「あれ、自分やばい」と思った方がいいです。

「怒る方」と「怒られる方」どっちも同じ心境

「怒る方」と「怒られる方」では、

対外的に見たときに「怒られる方」が精神的にきつく見えます。

しかし、怒る立場になるとわかりますが「怒る方」も相当エネルギーを使い

精神的にもきついです。(一部例外の人もいますが…..)

勿論、無闇に怒る人はダメです。

大切なのは行動したことに対して、

ダメな部分を見つけ出し、きちんと怒ってくれる方です。

未来電子では、芹生が怒り役でした。(現在は東京で勤務)

インターン生に対する言動や行動を見ていて、

未来電子のインターン生は幸せ者だなと感じていました。

それは、芹生が初日のインターン生に対していつでも常に120%で関わっていたからです。

基本的に人間の信頼関係や親近感は

接触回数や頻度により、向上していくと思っています。

つまり、初日のインターン生が出勤したときは、

インターン生は緊張しているし、周りのメンバーを見ていても

どこか構えている感じがします。

しかし、そこを芹生は全力で関わっていくので、

インターン生は幸せな者だなと感じるわけです。

現在、芹生は大阪にはいません。

でも、インターン生の諸君ご安心ください。

特にメディアチームのインターン生ですが、

きっちり行動を把握して叱ってくれる人物がいます。

黒田 圭一です。

彼は、細部までメンバーの行動を把握して、行動に対して

きちんと叱ってくれます。(無闇に怒ることはないです)

怒ってくれる人がいない人はどうしたらいいのか?

これは正しく僕のことです。

社内で怒られることはほとんどありません。

僕も人間なので、みんなと同じように必ずミスがあります。

しかし、ポジション的に叱ってくれる人はいません。

なので、人一倍に細部まで意識して行動するようにはしています。

あと注意している点としては

「怒る方」と「怒られる方」をよく観察していることです。

社内で聞こえてくる声や社内の情報共有ツールなどで、

怒られる方の立場に立ち、自分に言われているように

聞いたり見るようにしています。

 

かなり社内向けのブログになりましたが、

参考にしてみてください。

 

ありがとうございました。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
西 光弘
西 光弘

専務取締役/COO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.