2015.3.16

細部へのこだわり!こだわった404ページまとめ

スクリーンショット 2015-03-16 11.17.01

 
こんにちは!
デザイナーのひろきちです!
 
普段あまり見ることのない404ページ。
 
そもそも404ページとは?
 

404ページとは、ユーザーがサイト上で存在しないページにアクセスしようとした(切れたリンクをクリックした、ページが削除されている、URL のつづりを間違えて入力したなど)ときに表示されるページのことです。 存在しないページのリクエストに応答する際、ページが存在しないことを示す HTTP ステータス コード 404 をウェブサーバーが返すため、このページは 404 ページと呼ばれています。
 
Wiki参照

 
だいたいのサイトの404ページは質素なものが多いですが、この404ページのこだわりを見ると、感動すら覚えます。
 
今日は世の中のこだわり見える404ページを集めてみました!どうぞ!
 

Huwshimi

スクリーンショット 2015-03-16 11.01.35
 
「忍者がこのページを盗んでいきました」とストーリー性を含んだページ。
ドラマチックですね。
 

katatsumuri-inc

スクリーンショット 2015-03-16 11.33.01
 
かわいいカタツムリがお出迎えしてくれて癒されます。
 

Brandstack

スクリーンショット 2015-03-16 11.08.46
 
404を制作中の男性が映し出されます。
壁には「Don’t freak out」の文字が。
 

batman-3d

スクリーンショット 2015-03-16 11.17.01
 
バットマンが懐中電灯で404を照らしてくれます。
このライト、マウスの動きに応じて動きます。
 

tattoosales

404-1
 
タトゥーショップならではの背中にnot foundです。
 

blizzard

スクリーンショット 2015-03-16 11.42.10
 
画面にヒビが入っていてメニューも崩れています。
 

huffingtonpost

スクリーンショット 2015-03-16 11.48.05
 
可愛いわんちゃんの写真が出てきます。
写真も何種類かの癒される写真がランダムで出てきます。
 

project-euh

スクリーンショット 2015-03-16 11.57.52
 
点滅する404。
音声でます。
 

LIG.inc

スクリーンショット 2015-03-16 11.51.21
 
ご存知LIGさんの404ページです。
今はLIGにいない初代広報担当ジェイさんが404でご覧になれます。
 

以上、こだわった404ページでした。
 
普段見えないところにも力をいれてこそ、真のクリエイターなのかもしれませんね。
 

この記事を書いた人

赤崎 大樹

デザイナー

赤崎 大樹