関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 自分がチームのトップになってみて気づいた三つの事。

こんにちは森高です。

2月になり、組織構成ががらっと変わりました。

と同時に僕も新設部署に配属され右も左もわからず、毎日大変です笑

まだ、二日しかたってないですが、この立場にたって感じる事がいくつもあったので、

今の自分への備忘録として書きます。

 

①桁違いの不安。

 

1月までは上司として黒田がついて仕事をしていたので、最終的に頼れる人がいた状態でした。

また、4月からやってきたことを続けていたので、ある程度自分に自信もありました。

 

ただ、今月からは全く新しい部署で、かつ一番上の立場になって動いて行かなければならなくなりました。

その場にたって感じるのは

 

  • できない自分に対する恥ずかしさ
  • 役にたててない感

 

です。

今まであった居場所がなくなる。そして、暗闇の中に放り出された気分です笑

でも、この道は人それぞれ歩む道は違えど、だれしもみんな通ってきているはずで、当然、弊社の代表、専務、常務は4〜5年前もっと過酷な状況で始めています。

それに比べれば今の僕の状況なんて屁でもないし、この試練を乗り越えなければならない。

そう感じてます。

 

②相談して、色々言われて行動が遅れる。

 

先月の中旬にこのような状況になると伝えられ、あ〜でもないこうでもないと自分なりに試行錯誤を繰り返しして、

ある程度の結論まで至って、上司に相談。

結果、これはこーじゃないか。あれはこーじゃないか。もうちょっと考えて〜!

で結局振り出しに戻る。これ結構色んな企業であるんじゃないかな〜と感じました。

 

そして、上司がいうことは本当にまっとうでその通りなのですが、

正直、上司もやってみな分からへん!というのが本当のところだと思うんです。

かといって、闇雲にトライしまくっていたらいくら時間とお金があっても足りません。

 

そこで、重要になってくるのが、

仮説をしっかりとたてて、それに対して検証をしっかりと行う事。

これをしっかりとしていれば、アクションを起こした際になんらかのフィードバックがもらえます。

そのフィードバックをもとにさらに検証をおこなっていく。

これができれば、必然的にゴールに向かって行きます。あとは、どれだけ早く回せるか。ここにかかってきます。

 

③死ぬ事以外は全てかすり傷

 

僕の一番の敵は

「ネガティブな感情」

です。笑

僕すぐになっちゃうんですよね。そして、一気に仕事の効率がおちます。

でも、最近は立ち直りが早くなりました!

仮説をたててさえいればそれは次に進めるチャンスである。

ということと

死ぬ事以外は全てかすり傷

ということを考え始めたからです。そう考えるとすごく気が楽になるんですよね。

よし頑張ろうって!これは未来電子にきて一番変わったところだなと思いました。

 

まとめ

始まって二日ですが、正直に言うと毎日胃が痛いです笑

でも、最終的にできる気がするんです。それは、自分があきらめないから、必死についていこうとするから。

僕は人より効率悪いですが、ずっとそうやって生きてきました。

だから今回もできる!!自分信じてつっこみます!!

 

そんじゃーね!ぱいなーら!!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
森高大貴
森高大貴

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.