関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > すべてのビジネスマンへ。あなたの仕事にはその金額の価値はありますか?

こんにちは、インターンの海地です。

 

営業マンの方。

あなたが販売している商材の値段。

 

クリエイターの方。

あなたが作っている商品の値段。

 

サービス業の方。

あなたのお客様の平均顧客単価。

 

みなさまそれぞれ自分が関わっている人が、

それぞれどのくらいのお金を使っているのか今一度思い出してみてください。

 

あなたの仕事にはその金額の価値はありますか?

 

報酬を客観視してみましょう。

自分が普段当たり前のようにしている業務だと、その値段に対して何の疑問ももたないかもしれません。

 

むしろ、人件費や制作費、そこにかかっているコストを考えると、安すぎると思っているかもしれませんね。

 

ですが、お客様にはそのようなことは分かりません。

 

単純に「この商品、サービスにはこの値段の価値あるか、ないのか」というところです。

 

そしてそのサービスを受けた後の満足感が大切になることは皆さんご存知のことだと思います。

 

同じ金額を使うとどうなるのか

では、自分のお客様が使っている金額を使うと、他にどのような未来があるのか考えてみてください。

今回は分かりやすく、「レストラン」を例に考えてみましょう。

 

自分の働いているレストランの平均顧客単価が1万円だとします。

ずっとそこで働いていると、1万円をいただくことに何も疑問はいだきませんよね。

 

だから、自分のサービスが1万円の価値があると思い込んでいる。

 

一度自分が1万円のサービスを受けてみてください。

 

他のお店で、1万円のサービスを受けてみると同じ金額で得られるパフォーマンスを知ることが出来ます。

 

自分のサービスはそのお店に劣ってはいませんか?

 

実は、自分のパフォーマンスはその値段の価値がないのかもしれない。

 

本当にその価値があるのかは、その値段を使ってでしか判断できません。

 

一度、自分のいただいている金額でサービスを受けてみると、お客様のことがみえてくるし、必要なことも分かってくるのだと思います。

 

 

また、給与も同じ。

自分がその金額分何かを生み出せているのかということを少し考えるのもいいかもしれません。

 

 

価値はその場だけではなく、市場全体で決まる

 

また、サービスやあなた自体の価値はその場だけではなくて、市場全体の評価で決まります。

今いる場で1位だったとしても、市場全体で見ると価値がないかもしれない。

そうなったら、そこでしか必要とされていないということ。

どこででもやっていこうとするなら、市場価値を上げるしかない

 

どこで評価されたいのかを考えて、もっと上を目指していきたいですね。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
海地円香
海地円香

コミュニケーションチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.