関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 無理矢理目標を決めたあなたへ。その目標はとりあえず捨てよう。

IMG_7760

新年あけましておめでとうございます。

昨年お世話になった全ての皆様、

本年もよろしくお願いします。

皆様、2015年の目標は決まりましたか。

年末年始に2014年を振り返って、

2015年の目標を決めた方が多いとおもいます。

しかし、目標を立てようとしても明確なものが決まらずに、

2015年がスタートしている方もいるはず。

そんなあなたへ。

目標がないなら、無理矢理目標なんて決める必要はない。

なぜなら、無理矢理決めた目標なんて3日で忘れるから。

しかし、

周りには明確な目標を持て

といわれる。

それでも、周りの声を一旦無視しよう。

もう一度いいます。

目標がないなら、無理矢理目標なんて決める必要はない。

目標の決め方が重要

先程、目標がないなら、無理矢理目標なんて決める必要はない

と書きましたが、正確には目標の決め方に問題があります。

日々、習慣にならない目標は必ず忘れます。

明確な目標を持っている人は目標から習慣に

ブレイクダウンすることができます。

例えば、パン屋さんを開業したいという明確な目標を持っている場合、

パン屋さんで働いたり、経営のことを勉強したりと

目標に向かって日々、習慣化することができます。

では逆に目標を持てない人はどうすれば良いのか。

シンプルです。

目標がない人は、日々、習慣化していることを目標にするんです。

 

つまり、

目標→習慣

ではなくて

習慣→目標

のプロセスで決めるということですね。

 

日々、習慣になっていることを書き出そう。

日々、習慣になっていることは何ですか?

社会人であれば、会社に出社すること

が圧倒的に多いとおもいます。

では、その組織(会社)の目標は何ですか?

今、その頭に浮かんだ組織(会社)の目標を個人の目標に設定しよう。

浮かばない方は社長にきいてみよう。

その目標をブレイクダウンしていくと、

日々の明確な目標が出来上がる。

例えば、◯◯の領域でシェアNo.1が組織の目標だとすると、

シェアNo.1になるためには、自分は何をしたらいいのかを考える。
※若しくは社長にきいてみよう。

 

まとめ

◯無理矢理目標を決める必要はない。
◯目標の決め方が重要。
◯目標がない方は、目標→習慣ではなく、
 習慣→目標のプロセスで決める。

◯組織(会社)の目標を個人の目標に設定する。
◯明確な目標がないと前に進むことができません。

例えは、マラソンでも42,195kmというゴール(目標)があります。

ゴールがあるからそれに向かって1歩1歩前進むことはできます。

逆にゴールがないと前へ進むことはできないということ。

1日1日を全力で生きていくために明確な目標を持とう。

それでは、2015年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
西 光弘
西 光弘

専務取締役/COO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.