関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > バイトやインターンの上手な辞め方教えます。

こんにちは、インターンの海地です。

 

私はインターンもアルバイトもしているのですが、
そこで最近めっちゃ思っているのが

 

辞め方考えて

 

ってことです。

 

立つ鳥跡を濁さず。

鳥は飛び立つときに、その水辺の水を濁すことなくキレイに去ります。

 

ですが、水辺どころか今までの人間関係や信頼を自ら捨て去り

立つ人自らのダムを破壊する、状態。

 

せっかくの新しい環境に行ったのにプラスに働いていないどころか

むしろマイナスですよね。

 

そこで今回は、

立つ人スキルも仲間も手に入れパワーアップ

できるような辞め方をお伝えします。

 

 

上手に辞めるまでの4ステップ

 

1、2週間以上前には辞めることを伝える

 

ベストは1ヶ月前。

次のシフトが決まる前かその1ヶ月前には辞めることを伝えましょう。

 

言いにくい・・・なんて気にしているのは自分だけ。

いつかは辞めるものだし、辞めると言われても気にする人はそこまでいないでしょう。

 

当日飛ばれる方が関係性が悪くなるし迷惑極まりない。

いつ辞めるのかはっきり提示するほうがスマートです。

 

2、できるなら理由を添えるとGOOD

 

嘘の理由はなんとなくバレます。

「お母さんが倒れて、家事をしないといけないことになりました。」

「実は病気で手術することになって・・・」

使われがちですが、みんな同じ大学生。

 

友達と「なんて言ってやめよう?」と相談会議で必ず出る案なので、

なんとなく疑われます。

 

もちろん、本当の時には大変だからつっこまないけど。

こういう系の嘘は後味悪いので辞めましょう。

 

辞めるときは本当の理由を言っていいと思います。

 

「学業を優先したい」

「ゼミに集中したい」

「学生のうちにやりたいことがあるから」

「違うインターンもしてみたい」

 

その上で、自分の希望を言うと意外と自分の理想的な感じになる時もあります。

 

言いたくない時には、「一身上の理由で」でいいと思います。

 

 

3、辞めるからこそ頑張る

 

終わりよければすべてよしって言うし、

最後まで頑張りましょ。

 

そのほうが人間関係も良好に保たれると思います。

 

4、辞める時には挨拶をする

 

「今までありがとうございました。」

「お世話になりました。」

って最後に笑顔で挨拶すること。

 

関係性にもよりますがお礼状などを渡せば いいとも言われていますよね。

 

感謝の気持が伝わればいいと思います。

 

おわりに

どうでしたか?

めっちゃ当たり前のことですよね。

ですが、できていない人が多すぎると思います。

というか、できていない人が目立っているだけなのでしょうか?

 

最悪の辞め方をしてしまうと、

自分にとって悪影響しか残しません。

 

たくさんの環境に行って、そこでの関係をプラスにできるように

キレイな辞め方をすることを心がけたいですね。

 

といっても、私はあまりキレイな辞め方を知らないので、

他に辞めるときのポイントをご存じの方は

ぜひ教えて下さい。

 

追記

インターンに悩まれている方向けにLINE@を開設しました。
大手もベンチャーも経験した人事担当者がみなさんの疑問に答えてくれます。
インターン、就活について聞きたいことがある方は以下のボタンをクリックして質問してみてください。
LINEat_logotype_Green

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
海地円香
海地円香

コミュニケーションチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.