未来電子では信念がある人が多くて 大学と違う面白さがある

牛丸 知也

大阪大学 人間科学部人間学科

ー2019年3月卒

PROFILE

2回生までは大学の授業が忙しく、バイト・サークル・授業しかない、いわゆる典型的な大学生だったが、残りの大学生活を考えた時、時間の余裕があることに気付く。長期インターンの経験のある兄の助言もあり、自分にとって有益な時間を使うべく2回生の3月より未来電子でインターンを始める。

思ってたよりフラットな職場だった

-実際にインターンをしてみて、入る前のイメージとのギャップはありましたか?

思ったよりフラットな職場だなという良いギャップはありました。正直初めのイメージとしては結構ビビっていた部分があって、同じ職場で働くと言えど社員さんとは話しづらかったりするのかなと思っていました。いざ働いてみると、本当に風通しがいい環境で、自分の分からないことがあったらしっかり教えてもらえるし、何ならアドバイスもしてくれる。それに加えてフリーアクティビティーの時間でも交流ができるからこそ、コミュニケーションが充実していて、結果的に業務の生産性が上がっていました。インターン生でも能力のある人をどんどん押し上げてくれるのも初めのイメージとは違うギャップでした。

-逆にネガティブなギャップはありましたか?

強いて言うならば、具体的な業務をしっかり想像しないまま入ったので、自分がコピーライティングの業務をするとはあまり思っていませんでした。何かやりたいというより、危機感からインターンをしようと思った人間だったので、入ってみてこんな業務をするのかという驚きのギャップはありました(笑)

-面接の時にはあまり業務内容を理解できませんでしたか?

面接のときは、初めはPRチームでコピーライティングをして成果を出し次第色々できるということを聞きました。初めからウェブマーケティングやデータ分析はコピーライティングをするということではないということです。僕自身はもちろん理解、納得した上で入ったので、入って「こんなつもりじゃなかった」というギャップで辞めたいということは全くありませんでした。

-今コピーライティングを取り組んでみて実際どうですか?

だいぶ慣れてきたので今後はより良い質のものを書けたらいいなと思っています。

未来電子では信念がある人が多くて大学と違う面白さがある

-インターンをする中で一番苦労したなというある種の「壁」を経験した記憶はありますか?

会社のシステムに慣れたり環境に馴染んだりするのは初めは大変だと感じました。僕自身アルバイトでもサークルでも初めの時に結構労力を使っていたので。ただ、慣れていくと克服できるものなので、馴染むことにそこまで苦手意識があったわけではありません。

-なるほど。逆に面白かったことはありますか?

面白かったのは、大学と違うコミュニティだなと実感できることです。未来電子でインターンしてる人はそれなりにこだわりがあったりとか、信念があったり、そういう人たちが結構多いので、周りの環境に刺激を受ける機会が多いところは大学と違う面白さがあります。

-まだ短い期間ではありますが、インターンをして自分が変わったと思う所はありますか?

今までITという分野を意識的に注目したことがなかったのですが、業務をやる中でSEOの仕組みやWEBの成り立ちがわかったことは一つ成長した部分だと思います。今の時代何をやるにもITは必須のもので、その仕組みの一部を知ることができたのは自分の中では大きな成長でした。

-普段から無意識な所を、無意識であることに対して意識することがアンテナを立てる上で大事なことですね。

そうですね、無意識的な事を意識することが結果として視点を増やせることに繋がると思います。

-ではインターンとして意識していたことは何かありますか?

初心を忘れないということですね。例えばアルバイトでも新人の頃は右も左も分からず、周りを見て色んなことを疑問に思います。それが慣れてくると疑問を持つという視点を忘れていってしまうのです。初心を忘れるというのは、別の視点を持つことを忘れるということにもなると思うので、インターンでも時間が経っても変わらない初心を持ち続けようとは意識しています。インターンで得るものもありながらも、始める前にあった考えも一つの視点として蓄えていこうとしています。

-なるほど。今までの経験を通じて、次はこんな行動をしていきたいというものはありますか?

今は結構方にはまったものをコツコツこなしていく感じなのですが、今後はより高みを目指すために主体的な行動をしていきたいなと思っています。未来電子で結果を出すには自分から動くということが必須になっているので、自分の置かれている状況に甘んじず、主体的に動いていきたいと思います。

あえて大変な道を選ぶことは長期的に見たらすごく大事なこと

-今後インターンをしようと考えている人に対して何かメッセージはありますか?

そうですね、「他人に期待を押し付けないこと」と「始めたことに対してギャップを感じても粘ってみること」が大切だと伝えたいです。みんなそれぞれ何か新しいことを始める時には期待を持っていると思うのですが、それを自分に対してではなく、インターン先であったり他人であったりという所に押し付けてしまってることが多いと思います。人が「何かしてくれるだろう」という期待を持っているからこそ始めた瞬間に大きなギャップができてしまうのです。期待や想像と違った時、諦めたり辞めたりすると結局なんの進歩もないと思うので、自分が始めたことに対してギャップを感じても一度粘ってみて、本当に自分がそのギャップに対して向き合えているかを考えてほしいなと思います。

-確かに、期待を押し付けるというのはある種受け身ということですもんね。

はい、大抵のことは自分が頑張れば環境も考え方も変えることができます。その変わるまでの初めの苦しい時期を何とか乗り越えてもらいたいなと思います。

-最後に人生として将来こういう存在になりたいや、こんな人になりたいなどのビジョンはありますか?

大人になっても甘い環境の方に甘んじるのではなくて、それなりに自分とちゃんと向き合って、その上で後悔しないハードな選択をしたいなと思います。今まで20年生きてきた中で、色々嫌なこともあったのですが、振り返って「あ、良かったな」と思うのはシビアな選択をして、苦しんだことだったなと思います。短い期間で見たら楽な道を選びたくなるかもしれないのですが、あえて大変な道を選ぶことは長期的に見たらすごく大事なことではないのかなと思います。

-未来電子的な考えですね。(笑)頑張ってください。

ありがとうございます。


入社後のステップ

・入社後1ヶ月間の研修課題をクリア
・研修課題での本質を汲み取る能力が評価され、PRチーム加入と同時に新インターン生研修課題改善に参画
・PRチーム加入後2週間でコピーライターに昇格

メンターの声

PRチームディレクター 森高大貴

牛丸君は冷静に物事の本質を考えることができていた学生だったと思います。ただ、そこにスピード感が足りていなかったところがありました。しかし、課題を通して時間という制約をかけて追い込む経験を積み重ねていったことで、元々の思考力にスピードが加わりました。その結果、課題の運営側に回ったり、新サービスのプロジェクトメンバーの候補にも選ばれたり、どんどん新たな期間が回ってきていると思います。今後もスピードと質を意識し、両方を高めて圧倒的な成果を残していって欲しいです。