2018.11.7

営業には自信がない、、だからこそ営業に挑戦!!

馬場恒丞

龍谷大学

馬場恒丞


こんにちは!龍谷大学3回生の馬場です。
7月に入社し、10月までマーケティング部門でライター兼マネージャーをしていました。
しかし、11月から営業に異動になったため、これを機に一度未来電子生活を振り返りたいと思います!

自分の中で中途半端に終わった2回生

 

自分は、前から営業に少し興味があったため、2回生の4月から翌年の2月までの10ヶ月間ネット回線の営業をしていました。
しかし、思うような結果が出ず、いろいろあって一旦営業から離れることになりました。
当時、期待されていただけあって、その分ショックは大きかったです。

未来電子との出会い

 

2回生の春から約10ヶ月続けて来た営業を一旦やめ、次に営業とはまったく違うことをやってみたいという気持ちがあり、3年の7月に未来電子へマーケティング部門として入社しました。

3ヶ月間未来電子で働いて思ったことは、インターン生みんなが常にチャレンジ精神や成長思考に満ち溢れており、主体性を持って業務に取り組んでいるということです。

他の記事を見ていただくとわかるのですが、みなさんめちゃくちゃ優秀な上に意識が高く成長意欲がすごいです。

 

お互いサポートしながら業務を進めていくためとても刺激を受けます。
また、インターンにまつわることやプライベートのことで相談したいことがあれば、常にまわりにいる優秀なインターン生の生の声が聞けるので、とても良い環境だと思います。

 

それほど学歴が高くない自分は、優秀なインターン生や社員の方と一緒に仕事ができて本当に良い経験になっています。

 

大学生活において常にチャレンジし、成長できる環境に身を置くことはめったにないでしょう。
また、チャレンジによって失敗したとしてもめちゃくちゃ質の高いフィードバックを受けることができるので本当に最高の環境です。

営業に再挑戦

僕は、3ヶ月間マーケティング部門実務を行い、与えられた目標プラスαの結果を出してきました。
しかし、11月から営業に異動します。

 

一度中途半端に終わり、苦手意識のある営業に再度チャレンジします。

 

未来電子の営業はBtoBのため、難易度はとても高いと思いますが、レベルの高い環境に身をおくことで得られるものは本当にたくさんあると思います。

 

一度失敗したことに再度挑むことはちょっと怖く、少し異動しようか悩みましたが、失敗したあとのことを考えて悩んでいる時間があれば、チャレンジして失敗して改善していけば良いのではないかと考えています。

失敗し改善することの繰り返しで人は成長はしていくものではないでしょうか。
何をすれば良いのかわからないが、何か熱中できることに取り組みたいという方は、ぜひ未来電子にきてみてください!


この記事を書いた人

馬場恒丞

龍谷大学

馬場恒丞