2020.3.24

ゲームが教えてくれたチームビルディングとは

射場績亞

同志社大学 インターン

射場績亞


初めまして!

同志社大学の1回生の射場績亞です。

現在、未来電子ではマネージャーとしてライターのサポートをしています。

 

1回目の学びブログに引き続き、またもやゲームのお話をしたいと思います。笑

先日は、主に個人のスキルアップを目的とした考え方、行動について紹介しました。

今回は、ゲームとチームビルディングについてお話ししていきたいと思います。

 

 

チームビルディングとは

 

そもそも「チームビルディングとは何だろう」と感じている方もいらっしゃいますよね。

チームビルディングとは、簡単に説明すると、チームのメンバー全員が主体的に個人の能力を発揮しながら、目的を成し遂げようとすることです。

私はゲームを通して、チームビルディングそのものの存在と重要性に気づきました。

 

 

ゲームとチームビルディングの関係性

 

私は「荒野行動」というゲームにはまっています。

荒野行動とは100人のプレイヤーと同じ島に降り立ち、最後の1人/1チームになるまで戦うゲームです。

最後の1チームとして残り、勝つためには、チームビルディングが不可欠だと考えています。

そしてゲームをプレイする中で、チームビルディングに必要な役割を見つけました。

 

あくまでゲームの中の役割ということを理解しておいてください。笑

・リーダー

・サブリーダー

・ムードメーカー

・サポート

・パワーのある人(個人の能力がずば抜けている人)

がチームに必要だと考えています。

最後の「パワーのある人」は例えるのが難しかったので、勘弁してください。笑

 

まずチームに必ず必要なのは、リーダーですよね。

リーダーはチームがどのように動くかを決め、指示を出します。

リーダーにはメンバーの能力や性格、ゲームの特性などを知っていいなければいけません。

リーダーには、メンバーを引っ張っていく責任が伴うため、かなり大変でしょう。

メンバーをまとめ上げ、チームを引っ張っていく力が試されます。

 

サブリーダーは主にリーダーのサポートです。

リーダーが判断に困った時に助けてあげる役割です。

リーダーがいないときは、リーダーの代わりにチームを引っ張っていく必要があるでしょう。

 

ムードメーカーは、チーム内で問題が発生したときや雰囲気が良くないときに、チームを盛り上げる役割です。

ムードメーカーがいないと、チームは崩壊してしまうかもしれません。

 

サポート役は、文字通りサポートをしなければいけません。

リーダーのサポート、ムードメーカーのサポート、皆のことを理解する努力が必要でしょう。

 

パワーのある人とは、個人のスキルがずば抜けている人のことで、言わばエースのことです。

1人で危機的状況を打開できるようなスキルをも合わせている必要があります。

こちらの役割を担う人を見つけることは難しいかもしれませんが、1人いるだけでチームの安定感が増すでしょう。

 

以上の5つ役割がチームビルディングに必要だと考えています。

そして、何よりメンバー全員が1つの目的を成し遂げようとする意思が必要です。

これらの役割と全員の意思によって、ゲームの勝率が上がることを実感しました。

チームビルディングとは、現実の世界だけでなく、ゲームの中でも試されるものだとわかりました。

自分の役割を探し、チーム全員で同じ目標のために頑張ることはとても楽しいです。

 

 

まとめ

 

今回は、ゲームとチームビルディングについて紹介しました。

ゲームをただ遊んでいるだけではもったいないです。

ゲームを本気でやってみることで得られることもあります。

この記事を参考にして、ゲームへの取り組み方を改めてみるのはいかがでしょうか。


この記事を書いた人

射場績亞

同志社大学インターン

射場績亞