京都

その会議無駄じゃないですか?

日時 平日毎日(AM7:00)
開催地 京都オフィス
住所 【京都営業所】〒604-0924 京都府京都市中京区一之船入町537-31 リベルタス御池5F
参加費 無料
定員

毎朝7時から読者会ならぬインテリジェンス会を開催しております。最初の35分間で読書をし残りの25分でみんなにアウトプットとしてシェアをします


どうも人事の中津です。

今日は会議やMTGなについて考えてみたいと思います。

学生の頃は特にそうだと思いますが、何か決めようと思っても何も決まらずに結局時間だけが過ぎていくことってありませんか?

私もサークルや学校のイベントで何時間も話たにも関わらず、何も決まらずに終わることがたくさんありました。

しかしビジネス上ではこれはあり得ません。

なぜならば時間は有限だからです。

しかし多くの会議やMTGで時間が無駄になることはたくさんあります。

それはある2つのことができていなからです。

 

ゴールを決める

 

MTGを始める時に必ずすることはゴールを決めることです。

「1時間後に得たい成果は何か?」

「ゲットしたいものは何か?』

「何を解決したいのか?」

「どのような状態になれば最高か?」

このゴールを必ず決めないと、話は一向にまとまりませんし、結局この時間は何の時間だったのとなります。

そしてこの時のポイントはゴールを具体的にしてあげしょう。

ゴールを具体的にする方法として5W1Hがおすすめです。



what  (何をやるのか)
why   (何故やるのか)
who   (誰がやるのか)
where(どこでやるのか)
when (いつまでにやるのか)
how   (どのようにやるのか)

 

これを使うことによって何を決めたいのかと言うメンバーのゴールの焦点があってくるからです。

 

決断をする

 

ゴールに向かって話し、アイデアは出たけれども、結局決めきれずに終わることもたくさんあります。

しかし決めれないというのは結局、このMTGのゴールは達成したことにはなりません。

時間は待ってくれません。

ビジネスには全て期限があります。そして24時間というのは誰にも変えられません。

変えられないものに対して言い訳をしても無駄です。

なのでYesでもNoでも答えはどちらでもいいので、それを決断するという事がとても大切になっていきます。

決断した事を正解にする事がとても大切です。

 

まとめ

MTGにしろ、プロジェクトにしろ、ゴールを明確に決め、限られた時間の中で決断していく事を実行するだけでその会議の生産性は大幅にアップするのではないでしょうか?