会社のオンラインコミュニティで仕事を学ぶ、
まったく新しい習い事。

勉強は大学で、仕事は会社で。大学では学べない仕事を楽しく習う場を、
インターン受け入れ実績関西No.1の未来電子が作りました。
各月1,078円で、さまざまな仕事のやり方を学ぶコミュニティに参加できます。

2020.7.31

最近散歩にはまっているのでおすすめします!

高本悠平

立命館大学 インターン

高本悠平


こんにちは、先月で所属して1年を迎えました、ディレクターをしている高本悠平です。

来月からは、新たな仕事に挑戦します!

 

と、話は変わりますが、僕は最近散歩にハマっています。

散歩には様々なメリットがあるらしいので、それについてまとめてみたいと思います。

ウォーキングと散歩はほとんど同じようなものだと思っていますが、ウォーキングだとガチ勢感が出てしまい、敷居が高いと感じてしまう方もいるかもしれないのでここでは散歩で統一したいと思います。(散歩とは言い難いぐらい早歩きなのはおいといて)

 

創造的になる

 

散歩をすることで、創造的になるらしいです。

スタンフォード大学の実験で、人間は座っている時よりも歩き回っている時により創造的になるという結果が出たそうです。

これは脳をはじめとする全身の血流がよくなるからであると言われています。

 

また、個人的には歩いている時には普段の生活で邪魔になりやすいスマホを触らなくなるのも関係しているのではないかと考えました。

歩くという動作に思考力はほぼ必要ないので、自分が考えたいことにがっつり集中できる機会になります。

 

健康に良い

 

散歩や筋トレなど、適度な運動は健康に良いというイメージを持っている人は多いですよね。

実際に、散歩は”正しく”行うことで、様々な病気の予防になるそうです。

また、誰にでも簡単に始められる運動なので敷居が低いのも良いなと個人的に感じています。

 

ただし、健康に良いというものの多くが正しくされないと体に害を与えかねません。

散歩もそうです。

散歩であれば、1日8000歩でその中に20分程度の中強度の運動を取り入れることが望ましいようです。(中強度の定義は、ギリギリ歩きながら人と話せるくらい)

ちなみに、僕はこの前25000歩歩いていたので論外です(^_^;)

 

運動すらしたくないという人は、好きな音楽を聞いたり、歩いている最中に何か新たな飲食店や秘境を見つけたり、人と通話しながら散歩すると楽しみが見いだせるかもしれないので参考にしてみてください。

犬を飼っている人であれば、積極的に散歩につれて行ってあげると良いかもしれませんね。

「歩く」以外の楽しみを見つけると誰かみたいに25000歩も歩いてしまうでしょう。

僕は、散歩する上で美味しそうな飲食店を見つけたり、友達と電話したり、何か考え事をしたりするのが好きです。

 

まとめ

 

アリストテレス、カント、ベートーベン、フロイト、ジョブスなど素晴らしい功績を残した偉人も散歩をしていたらしいので、散歩すれば何かすごいことができるかも?

ここまで読んでくださった方は、多分運動しやすい服装に着替え始めた頃でしょうか。

そんな方は、ぜひ気軽に僕に連絡してください。

実は最近、こっそりとインターン生内で散歩しながらだらだら喋るということをしています。

結構毎日行われていて、参加も自由なので気軽に入っていただきたいです。

これを機に、運動習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

時間に追われている方も、少し散歩することで作業の効率が上がったり、ストレスが解消されたりして良い循環が生まれるはずです。

読んでいただき、ありがとうございました。

 


この記事を書いた人

高本悠平

立命館大学インターン

高本悠平