2020.1.15

『初めて「卒業」の2文字が浮かんだ話』

佐藤詩乃

神戸市外国語大学 インターン

佐藤詩乃


みなさんこんにちは!

神戸市外国語大学3回生の佐藤詩乃です。

現在はHRチームの大阪人事責任者として業務を行っています。

私は2019年7月に未来電子に入社したので、2020年1月でちょうど6ヶ月、つまり卒業が可能な時期となりました。

(未来電子マーケティングインターンへの参加条件は6ヶ月の継続です。)

大学3回生の1月、といえばみなさん何を思い浮かべますか?

この時期は大学のテストや就職活動の準備に追われている方が多いのではないでしょうか。

大学3回生の方なら容易に想像がつく、もしくは実際にテストや就活で忙しくしていると思います。

大学3回生の私も例にもれずそんな状況なうです。

そこで私がぶつかったのが、就活とインターンの両立問題でした。

今回は、私がこの両立問題について感じたことをつらつら書いていきます。

 

インターンと就活について考え始めたきっかけ

 

私がこのことについて考え始めたきっかけは、何人かのインターン生が就活を理由に未来電子を卒業するという話を聞いたからです。

みなさん未来電子ですごく活躍されていた方々でした。

とても仲良くしていた方もいたので寂しい気持ちもありましたが、それと同時に「やっぱ就活ってインターンと同時にするのは難しいのかな」という気持ちが芽生えました。

そして、「自分はインターンを続けていても大丈夫なのかな」と思い始め、漠然とした就活への不安、自分も卒業した方がいいのかも、という感情に悩まされる日々。。。(ネタバレするとすぐ人に相談して解決したので悩んでいたのは合計31時間くらい)

私の未来電子史上初めてリアルに「卒業」という文字が浮かんだ出来事でした。

今までモチベーションが下がったり、辞めたいとか思ったりしたこともあまりなかったので、こんな風な考えになっている自分に嫌悪感を感じていたのも悩みの1つだったかもしれません。

 

インターンと就活を両方頑張ってみようと思った理由

 

そんな感情にかなり悩んでいましたが、私が尊敬してやまない片岡さん(前任の大阪人事責任者の方)にこの悩みを相談して自分の考え方に変化が生まれました。

 

*卒業される方と私とで異なる点

まず、卒業される方に多かったのは「自分の仕事をやりきった」「未来電子に来た目的は達成された」という方々です。

そんな風に感じて卒業できるのが一番良い形だし、そうなったら必ずしもインターンを無理に継続する必要はないですよね。

しかし、今の私の場合はそうじゃないと思いました。

私が今卒業するとおそらく色々な部分で迷惑をかけることになるし、自分のなかで改善しなければいけないと自覚している課題が多くあるからです。

また、自分から進んで裁量や仕事量を増やしてもらった人事の業務だったので、それをやりとげて自分も周囲も満足させてから卒業したいと感じました。

辞めたら後悔が残る、まだできることがあると感じるうちは、まだ頑張った方が自分のためになると思ったのです。

 

*インターンを就活に利用してやろう

 

次に、未来電子のインターンを就活に利用してやろう位の気持ちでやったらいいんじゃないかという考え方です。

人事責任者の仕事は今月から任せてもらったので、まだまだ課題がありますし、自分で自覚していない問題点も多くあると思います。

これらの課題に向き合って、インターンで得たことを就活に還元していけたらめちゃめちゃ良いですよね。

また、就活で得たことをインターンに還元できたら

「インターンでの学び→就活での成果→就活での学び→インターンでの成果→インターンでの学び→就活での成果」

みたいな良いサイクルが作れそうです。

 

*ゆーてキャパはある

 

こちらのブログ(https://www.miraidenshi-tech.jp/intern-blog/27422/)でも書きましたが、私は実際のキャパよりも先に精神的にキャパオーバーをしてしまうことが多いです。

就活への漠然とした不安も、精神的キャパオーバーにつながっていた気がします。

冷静に考えて、今の仕事でもキャパはいけてるし、ちょくちょく就活してるし、2月3月は春休みだし、、って考えたら、あれ、いけるんじゃね?となりました。

佐藤さんならいけるでしょって言ってもらって、「たしかに!」って自分で思えたのでいけるかな~という気持ちになっています(笑)

 

まとめ

 

今回は、私が就活とインターンの両立問題について感じたことを書きました。

要約すると、私はまだ未来電子で頑張るべきことがあるなっていう話と、インターンと就活の両方が両方に良い影響を与えられたらいいよねっていう話です。

未来電子には、就活で困ったことがあったら何でも相談して、と言ってくださる優しい社員さんや、一緒に頑張ってくれるインターン生がいるので、就活もインターンもぶっちぎろうと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!


この記事を書いた人

佐藤詩乃

神戸市外国語大学インターン

佐藤詩乃