2019.11.1

「愚痴って意味なくね?って話」

田島一毅

京都大学 インターン

田島一毅


こんにちは。

 

最近インターン生同士の交流が活発になってより楽しいオフィスになったなあと感じられるのを嬉しく思っている、京都人事の田島です。

 

さて今回の学びブログですが、もう一人の京都人事である神野くんから「神野くんへの愚痴」っていうお題で書いてって言われたので、それについて書いていきます笑

 

はじめに言っておきます。

 

僕は愚痴を言うのが嫌いです。

 

僕は愚痴を言うのが嫌いです。

 

「愚痴」の定義も意味合いもよくわかっていないので何とも言えませんが、とにかく愚痴を言うのが嫌いです。

 

その理由も含めて書いていきたいと思います。

 

愚痴って意味なくね??

 

さきほど僕は愚痴を言うのが嫌いと言いましたが、理由は簡単で、愚痴言ったところで意味ないからです。

 

いったんその前に僕なりに「愚痴」を定義しますね。

 

僕の定義では、「愚痴とは、他人や環境の気に入らない部分を表に出して、その他人と自分は違うことをアピールする行為」とします。

 

これすることに意味ありますか?

 

僕は全くないと思います。

 

どこが意味ないのかを説明するのも難しいほどに意味がない。

 

なんなら害。

 

かく言う僕も、よく愚痴を言ってしまうので、なぜ愚痴を言ってしまうのかというところを掘り下げて、自戒の念も込めて書きます。

 

愚痴を言ってしまうのは、相手を受け入れられないから

 

愚痴を言ってしまう理由はいくつか考えられますが、

 

・自分と相手が違うのを受け入れられないから

 

・自分の考え方が正しいと信じ込んでいるから

 

といった理由が大半だと思います。

 

これって多分かなり危険な状況なんですよね。

 

自分と相手が違うのは当たり前のことです。

 

そんな当たり前を受け入れなきゃコミュニティにある問題の解決はほぼ無理です。

 

そして一番厄介なのが、自分の考え方が正しいと信じ込んでいることです。

 

これは僕もやりがちなので一日何回も反省するのですが、自分の考え方が正しいと信じていては何も成長しないんですよね。

 

行動をアップデートするには考え方をアップデートしなきゃいけない。

 

自分の中にある哲学を守り続けるのはいいと思います。

 

でも、哲学のもとに形成された考え方は常にアップデートしないといつまでも自分は変わりません。

 

だから、愚痴を言うのは、というよりは、愚痴を言ってしまうような精神状態はヤバいと思うんです。

 

愚痴を言わない精神状態を作ろう

 

愚痴の無益を語ってもそれ自身が愚痴になってしまうので、愚痴を言ってしまう精神状態を脱する方法を考えていきましょう。

 

この解決策は、愚痴を言ってしまう理由から考えれば簡単です。

 

解決策としては、

 

・相手のことをまずは受け入れる

 

・自分の考え方と相手の考え方を、様々な判断軸に照らしてみる

 

などが考えられます。

 

具体的に説明しますね。

 

まず、相手の言ったことは、自分とどんなに違う考え方でも受け入れてみましょう。

 

口を挟みたくなってもいったん最後まで聞いてみる、分からないところがあれば、「どういう点が?」「それはなんで?」と質問して相手の考え方をロジカルに判断できるくらい材料を徹底的に集めるんです。

 

それができたら、自分の考え方と比べてあげましょう。

 

おそらく「そこは違くない?」「意味わからん」と愚痴りたくなるかもしれません。

 

でも、また言い聞かせるんです。

 

「愚痴を言いたくなるのは、自分の考え方が正しいと思ってるってことだぞ。俺傲慢すぎるぞ。」って。

 

だから色々な判断軸に照らしてあげるのがいいと思います。

 

仕事の話なら、会社視点の判断軸、個人視点の判断軸、クライアント視点の判断軸、、、できる限り多くの判断軸で自分と相手の意見を比較するのです。

 

すると、それぞれの判断軸に照らす過程で、相手の意見のいいところ・悪いところ、自分の意見のいいところ・悪いところがだんだんと見えてきます。

 

そして、その悪いところ解決できるアイデアを探します。

 

これを何回も繰り返すことが、自分の考え方のアップデート、さらにはより良質な課題の発見、解決策の提示に繋がるでしょう。

 

長くなりましたが、まとめると、愚痴なんか言ってないで、相手の意見をいったん受け入れて受け入れまくって、それを様々な判断軸に通して物事を多面的に見ましょうよ。

 

自分の考え方に凝り固まってないで、考え方を素直にどんどんアップデートしていきましょうよ。

 

ってことです。

 

まとめ

 

今回は、「神野くんへの愚痴」ってお題でしたが、愚痴言ってませんね。

 

いや、「愚痴」をディスっていることが「神野くんへの愚痴」になってる??笑

 

うそです笑

 

神野くんと今後も人事頑張っていきまーす!

 


この記事を書いた人

田島一毅

京都大学インターン

田島一毅