関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 夏休み全てをインターンに捧げた文系大学生。

どーも!

近大三回の加屋です!

8月終わりましたね。

僕の事良く知ってる友人や親からは今年の夏はおまえ冒険しなかったな〜なんて言われます。

元々アウトドア派なので去年の夏はチャリ旅やヒッチハイクとかしてたんですよね。笑

それに比べて今年はインターン先のオフィスに朝早くから夜遅くまで本当に毎日通う日々。

いつからインドアになったん?とかも言われたりします。笑

 

しかし、この場を借りて申し上げますがあなたたちの言い分は間違っています。

全否定します。

ってか、は? って言いたいです。

確かに、今年はインドアな夏ではありましたが冒険してないっていうのは間違っている。

僕は去年の夏以上の冒険を今年はしています。

普通の大学生なら遊んでるこの時期に本当に会社に毎日通い続けて営業活動をする。

 

これ以上の冒険があるのか?

 

おそらく無い。

 

だって、そうでしょう。

 

せっかくの大学3回生の夏ですよ?

 

普通遊ぶじゃん?

 

一番楽しい時期じゃん?

 

それを毎日社員並に出勤して電話かけまくる毎日。

めちゃくちゃ楽しい夏休みを捨て、 経験を取りにいく。

 

これ以上の冒険はねぇ!!!

 

あなたにここまでのリスクを取ることができたでしょうかと僕は言いたい。

※(怒ってるわけではありません。すいません。)

じゃあ、ナゼここまでの冒険が自分にできるのか。

そもそもナゼ僕が超絶ハッピー夏休みを全て捨てて毎日インターンしてるかっていうところなんですけど、

今回はここについて書いていこうかと思います。

 

ナゼ僕は人生最大級の至福の時、大学三回の夏休みを捨ててしまったのか。

まずはここですよね。

ナゼ僕がこの人生に一度?の大学三回の夏休みを捨てたのか。

理由は明確にあります。 それはズバリ、生きたかったからです。

生きている実感を味わうためです。

今の未来電子の環境が一番自分にとって生きている実感がする

この生きている実感というのがポイント。

僕は死ぬのが本当に怖いです。 僕の言う死とは肉体的死ではありません。 一番怖いのは体だけ生きていて中身が死んでしまっている状態。 リビングデッド状態のことです。 我が国日本にいれば高確率で死ぬことはありません。 その反面、肉体的には生きていても精神的に死んでしまっている人が多い気がします。

見ていて覇気が無い。 目が死んでいる。 ワクワクしてない。 生きながら死んでしまってる人が多い。 そんな奴らを見てもつまらないです。

 

どーせ、死ぬ事の無い国に生まれたのだから 死ぬギリギリまで自分を追い込んでみたらいいのに!

本当に死にそうになるくらい追い込んだ時に初めて人間として生きてる実感が得る事ができる。 僕は死なないこの国で一生うんこ製造機として生涯を終えるのはまっぴらごめんです。 あなたが普通に生きていれば死なないスパイラルに絶対ハマってるはず。 毎日同じ事の繰り返しでつまらないとか、 好きな事、やりたいことが見つからないとかね。 そのスパイラルから抜け出さないといつまで経っても飼い殺し状態からは抜け出せない。 飼い殺し状態から抜け出したいなら死なないスパイラルから脱却するべきですね。   脱却の方法としてはあえて死ぬ方に死ぬ方に自分を追い込むことです。 そしたらちょっとでも今の状態よりは生きている人間味を味わえるはずです。

話ズレちゃいましたが、 簡単にまとめると生きてる実感を得れる経験が未来電子にいる方が多いと思った。 理由はそれに尽きます。   僕の中での重要な物事を計る判断基準としては この生きている実感を得れているかがかなりポイントになってます。

そうはいってもじゃあ、毎日なにやってたん?

カレンダー

はい。 これも良く聞かれるやつ。

具体的言うと毎日朝5時半に起きて、 7時に出社して、 夜8時までずっと営業!

営業やってるときは逆に人間味を捨ててます。 ひたすら何も考えず電話をたたき、 リストを集め、 ひたすら、どうすればアポ獲得に繋がるかを考える。 トイレ行きたいとか、 飯食いたいとか、 最低限の欲求以外何も考えずに黙々と取り組む。   イメージ的には本当にただの動物になった感じ。 電話相手の声にしか集中しない。 これやりだしてから8月はかなり成績も良かったのでオススメです。   一日の大半は営業に時間を費やし、 夜は代表や先輩らに風呂やご飯連れて行ってもらって、 毎日体力的にはギリギリの生活を送っていました。 土日でおもっくそ寝て体力を回復するというね。笑   でも、この生活が生きてる実感がしてとても好きなんですよ。 逆に実家に帰ると何もしなくても夕飯が出てきたり、 テレビもあるし、 不自由する事が何も無いので死ぬ予感がして何だか不安になるんです。 毎日はちゃめちゃな日々がかなり僕的には楽しいです。笑

夏休みとひきかえに得たものは?

プレゼン時の戦略の練り方であったり、 営業時のトークのテクニックであったり、 技術的な部分でいうとかなり多く学びました。

ですが、僕がこの8月丸ごと通して得た一番の学びは考え方です。

モチベーションなんてない。 この考えを経験値として得たことが一番の収穫だったなと思います。   これは以前から代表に常に言われ続けてきて、 常にプロフェッショナルであれと聞いてきました。 ですが、以前までは実感値として経験したことはあまりなかったです。   わかりだしてきたのは、 無心に数字だけを追い続け始めた時。 それに伴って成績が上がりだした時に初めてこういうことか! って実感値としてわかってきました。

取れなくて腹が立つとか、

他人が取れて悔しいとか、

逆に取れてめちゃくちゃ喜ぶとか、

そんなん無い。 あるのは設定した目標に対して 無心で追い続ける事。

結果、無駄なことは考えないので成果に結びつきやすいです。

これ言葉ではわかっても実際自分でやって経験値として得れるってなかなか無いと思うんです。 この経験こそが今後の僕の最強の武器になると信じています。

最後に

夕焼け どうでしたか?

僕の8月。

一見、強がって書いてるみたいであったり 頭おかしいんじゃねーかって思われると思います。

それでいいんですよ。

普通じゃないとか、 ちょっとおかしいとか、 そう思ってるうちはまだあなたが死なないスパイラルにどっぷりの証拠。

生涯うんこ製造機で終わりたくなければ早くこっちに来てください。笑 楽しみにして待ってます。

今回は本当に社員並に出勤して、 凄い良い気づきをたくさん得れました。

社会人になれば毎日同じことの繰り返し。 だから、今のうちに遊んどこう! みたいなゴミみたいな考えが以前には少なからず僕の中にもあった。 でもそれは違うくて、 同じような日々に見えるけど毎日改善をずっと繰り返して違う日々を過ごしている。

毎日入ることで一番恐れていたマンネリ化。

今回一切無かったです。

これって凄い事。

自ら当事者意識持って、 営業に取り組んだ結果だと思います。

最後にもう一度言います。 モチベーションなんてない。

大学三回の夏休み。

冒険しましたね〜

 

9月もぶっ飛ばしていきましょう!

お疲れさまです!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.