関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > あなたも褒め上手になって人生楽しもう!

こんにちは!

近畿大学三回の加屋です。

台風にも負けずにブログをせっせと書いたので、

良かったら読んでください!

さてさて、

では始まりです。

 

急ですが、あなたは「褒め上手」ですか?

こいつはまた何を言ってるんだ??

 

なんて、思うかもしれませんがちょっと待ってください。

僕は真剣です。

幼少期から思い出してください。

 

あなたの周りには褒め上手な友達はいませんでしたか?

その褒め上手な人物の周りには人がたくさんいませんでしたか??

なんか、こんなん書くと友人いないみたいで嫌ですね。

僕は実質多くはないですが。(笑)

もし、あなた本人が褒め上手であるのなら

何も言わず優しい気持ちで読み進めていただければと思います。。。

なぜ、ここにきて褒め上手にこだわるのか。

僕が褒め上手にこだわる理由はシンプルです。

 

日々の生活において「褒め上手」であることは有利であるからです。

 

電話営業で電話相手と対話する時。

 

人事として、学生を面談する時。

 

初対面の人と接する時。

 

女子と接する時。

僕を取り囲む日常の中でどのシーンにおいても褒めることは必要であると思います。

褒め上手であるとなぜ有利なのか?

 

理由は簡単です。

 

電話営業でも、

初対面でも、

いろんなシーンで前提条件としてあるのは、

 

相手はそもそも自分に興味がない。

 

そう。

興味が無いのです。

 

であったら、どうすれば相手の耳を開かせれるか。

 

どうすれば相手を聞く体制に持って来れるのか。

答えは簡単です。

 

褒めること。

褒められて嬉しくない人なんてそうそういません。

褒めるスキルは人と接する上でかなり重要であると思います。

褒め上手な人とはどんな人?

褒め上手が有利なのはわかった!

 

でも、じゃあ褒め上手な人ってどんな人?

 

弊社一の褒め上手人間の森高さんを例に出してみましょう。

mdna_moritaka_s1

森高さんは僕の上司で、

日々の営業活動やそれ以外のプライベートでもかなりのやり手です。

 

森高さんの一番の武器と言えば、

 

腕を高速回転させる奇妙なダンス!!

 

では無く、僕は褒めのスキルであると思います。

 

森高さんの特徴としては、

 

明るい。

 

おもしろい。

 

質問がうまい。

 

相手の変化に気づくのが早い。

 

気づいた後の指摘が早い

 

相手の言った事をまとめて相手に伝えることができる。

etc、、、

挙げだすときりがないですが、

 

僕が森高さんから得た褒め上手になるための秘訣としては、

 

質問力 気づき 指摘の早さかなと思います。

 

質問力は会話の始まり。

 

気づきは相手の自尊心をくすぐる。

 

指摘の早さはいかに相手の気づきを人より早く指摘できるか。

ようは言ったもん勝ちですね。

 

ですので、

 

森高さんのような褒め上手人間になるには

 

質問力 気づき 指摘の早さ

 

この3つのスキルを高める必要があります。

具体的な策は無いのか?

質問力、気づき、指摘の早さ。

 

必要要項はそろったけど、

じゃあ、これらを一気に身に付ける方法とかあったりしないっすかね?

 

人に対して質問するとか、

 

相手の変化にいち早く気づいて指摘するとか

 

めっちゃ、疲れそうやし面倒じゃん。

そんな面倒くさがりなあなた!

 

あなたが褒め上手になれない一番の原因はもしやするとその面倒くさがりにあるのかもしれません。

あ、あと僕も。(笑)

僕もそうなのですが、

 

基本的には無関心だし、

 

人と接するのは面倒なタイプの人間でした。

そんなタイプの人間がすぐに質問しだしたり、

 

相手の言動を凄く観察するようにはなりません。

僕らに足りていないのは、

 

相手に興味を持つ事。

これを日々の日常の中で繰り返していくしか無いのかなと思います。

僕の場合だと、

営業で相手を褒める時に凄い嘘っぽいて言われるんです。(笑)

 

その根底にあるのはやはり、

相手に対しての興味が足りていないのです。

 

本当に凄いと思える人に対してじゃないと、

凄いですね!って褒めれないと僕は心の底から思っていました。

 

でも、よく考えると

褒める以前に相手に対して知りたいとか、

なぜ?っていう興味がないと、

相手の話なんか耳に入ってこないですよね。。。

 

 

 

相手に興味が無いと、

 

こちらからのアプローチは発生しませんからね。(笑)

話はわかるが、

 

興味ない相手に対して無理に興味を持てと言われても難しい。

 

そんなあなたの気持ちはよくわかります。

そんなあなたには、

まず、身近にいる気になる人物に対して

もっと興味を示していけばいいのではないでしょうか。

 

 

なぜ?

 

どうして?

 

この人は何を考えているんだろう?

そんな風に人を観察すると

その人への興味も湧いてくるのかなと。

 

褒める前に、興味を持とう!

 

 

まとめ

僕自身、

今回のテーマはけっこう今後の人生に必要であるのかなと思って書いていました。

相手を褒める。

簡単そうで、僕にとってはかなりの難題。笑

 

褒めるをもっと上手く演じようとした時期もありましたが、

やはり、根本的な無関心が勝ってしまうので難しかったです。

 

ここで育てるべき人格は相手の話を親身になって聞く勉強熱心な人格か、

もしくは、森高さんのような明るい人格か。(笑)

 

どっちにせよ、

相手の立場になって考える。

相手が何を考えているのか考える。

他人に対して興味を抱く事は褒め上手になる上で必要なことです。

 

褒め上手になって人生楽しくいきたいですね!

ありがとうございました。

 

追記

インターンに悩まれている方向けにLINE@を開設しました。
大手もベンチャーも経験した人事担当者がみなさんの疑問に答えてくれます。
インターン、就活について聞きたいことがある方は以下のボタンをクリックして質問してみてください。
LINEat_logotype_Green

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.