関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

代表取締役社長/CEO

福本 真士Shinji Fukumoto

mdna_fukumoto_style
生年月日1984年01月08日
この会社を作った理由は?作りたいものを作るためには自分で会社を作った方が早かったから。
どんな経歴なの?好奇心が旺盛なのでいろんなことをしてきました。大学を出てから営業、プログラミング、デザイン、マーケティング、経営と色々やってきました。映画も出てます。多すぎてすべてはここに書けないですね。
仕事の中で特に何が楽しい?みんなから上がってくるビジネスプランを見てアドバイスすること。
休みの日は何してる?海外のテンプレサイトでUIを見たり、大量にアプリを落としてUIを見たり、気持ち良い動きに大量に触れていたい。
好きな本は何?スタートアップ・マニュアル
自分のアタマで考えよう
自分の中に毒をもて
好きな人のタイプは?ポンコツなヤツ(一緒にいて楽しいから)
mdna_fukumoto_01

目に見えないものを見える化する

仕事をする上での信念は?

自分のアタマの中にあるだけでは誰にも伝わらないんですよね。

人は目に見えてはじめて納得する生き物で、想像だにしなかったことが見える化されていてはじめて人は感動するのです。

僕が仕事をする上で判断基準にしているのは、感動を引き起こすレベルの大きな振り幅を与えられるプロダクトを作ることができているかどうかを常に自問しています。

見える化する形は言語か非言語は問いません。「時代」を競合に設定し、基本的原理の方向に深堀りすればするほど見える化しずらい現象が待っています。

そいつらをこう「クッ」と見える化する方法を思いついた時が最高に気持ち良いんですよね。

そう考えると自分が楽しめているかも1つの判断基準にしています。

mdna_fukumoto_02

社員全員がそこらの起業家よりも「起業家」な会社を目指す

これからのビジョン

シンプルに、こうなったらいいなと思う世界を実現していくだけ。

当然自分だけでは圧倒的に時間が足りなくて、その世界を実現できないので賛同してくれるフォロワーが必要で、それが社員一人一人だったりします。

僕は聖人君子ではないので僕に関わりのある人以外の面倒までみることはできませんが、目の届く範囲つまり社員レベルには濃度の濃い「やり方」を伝えていける。

そのためには圧倒的な新陳代謝を起こしながら、結果が出た方法論をしっかり見える化していく必要がありますね。さらに自分はそれを作るために先陣を切って攻め続けなければいけない。

社員全員がそこらの起業家よりも良いもの作れる集団で、停滞している分野に救世主のごとく現れる存在になれたら理想ですね。

そのために情報を共有する場や環境と仕組み作りが必要で、「育てる」ではなくて「育つ」環境を作ること。

僕自身もイノベーションを起こしながら、下からイノベーターが突き上がってくる組織を作らないといけないので、時間に追われてはいますが毎日ワクワクしながら仕事をできています。

Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.