関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

メディアチームインターン

町田 直哉Naoya Machida

mdna_machi_style
生活スタイル月:未来電子
火:未来電子
水:未来電子
木:授業&後輩と面談
金:授業&後輩と面談
土:未来電子
日:語学学校と休み
空いた時間は情報収集しているか、英語をしているか、談笑してます。
※寝坊から1日が始まると総崩れします。
モチベーションの源泉「危機感」
自慢できることこれといって特徴がないこと。笑
だから人によってキャラが変わるので、
人よっては呼び方から性格まで全く違った印象で覚えられている。笑
興味があること人の価値観とか考え方の話。情勢の変化。未来の話。服。サッカー。東京03、バカリズム、細かすぎるモノマネ。
趣味長期休暇に半袖ビーサンで過ごせるビーチで、バカンスすることを趣味にしようと考えています。
2015年の正月、OKINAWAから始まります◎

「人間にしかできないこと」を自分で見つけたかったから

未来電子をインターン先に選んだ理由

動機は「危機感」を覚えたからです。
オックスフォード大学の人工知能研究チームの報告によると20年以内に人工知能の知能指数が人間を上回り現在の雇用の6割は機械にとって代わる。
成り行きで生きてきて、自分でいける範囲の高校に行き一生懸命やってきたつもりのサッカーでもベンチ止まり大学は希望の学部に入れず、パッパラパーな生活をしていた自分は、瞬殺で機械と入れ替わり所得格差に拍車がかかった世界で、テレビの中でしか見たことがないような極貧生活を送らなければならないことが容易に想像できました。
何の不自由もなくこれからもなんとなくうまくいくと思っていた人生が何も知らなかっただけで、自分は搾取され続けられるベルトコンベアの上に載っている感覚がしました。
「このベルトコンベアから抜けなければ」
今の自分に選べる環境はない。どんなに小さいベルトコンベアでもいいから駆け抜ける術を身に着けなければいけない。癖をつけなくてはいけない。
そうして門を叩いたのが未来電子でした。
未来電子を選んだ理由は2つ
・「人間にしかできないこと」を自分で見つけたかったから。
・BtoBの商材を扱っていたから。
僕の考えるベルトコンベアは斜め45°で下に向かって落ちていきます。
人は皆落ちないように必死で上に走っています。
未来電子でチャレンジする4か月は全力で下に向かって駆け落ちます。
落ちた先に何があるのかさっぱりわかりませんが、そこに大事なものがある気がします。
人の目気にせず、気を遣わず。自分らしさも忘れて駆け抜けます!

mdna_machi_1
mdna_machi_2

マーケティングという手段を使って手助けできる人間に

これからのビジョン

私の父は経営者です。
祖父が創業した会社を数十年にわたって安定した経営を成功させています。
意識はしていませんでしたが、そんな父の背中を見て育ったせいかいずれ父の会社に何らかの形で関わろうと漠然と考えています。
「自分が関わるその時には、何か大きな価値をもたらしたい。」
だからという訳ではないですが、知らずのうちに自分が足を踏み入れていたマーケティングという手段を使って手助けできる人間になろうと考えています。
マーケティングはプロモーションや広告に限った話と思われがちですが
私は、中心に置くものを「商品」から「会社」に変えれば経営にも使える便利な道具だと考えています。
もちろんそれらを使いこなせるような、適切な視座の高さも決断力、人も巻き込む人徳のかけらもないので目の前の結果にこだわり続け達成を積み重ねる中で、得ていこうと思います。

Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.