INTERNSHIP

お問い合わせ・応募

面 接

初期研修

様々な技術を伸ばせる

MARKETING

マーケティングって、『成功力』だ。

成功の裏にマーケティング

マーケティングと聞いて、詳しい内容が説明できる学生はそう多くないでしょう。「なんか賢そう」「なんか凄そう」といったイメージが先行していて、「ビジネス感」のある言葉だと捉えらえています。

ただ、マーケティングはビジネスでしか使えない概念ではありません。あらゆる場面の裏にマーケティングは潜んでいます。例えば就活。就活が始まると「自己分析」「企業研究」「自己PR」をすることになります。これらは一体何をしているのでしょう?

まずは企業研究ですが、これは「ターゲット分析」でしょう。マーケティングの始まりはターゲットの分析がスタートです。ターゲット(ここでは企業)の状況を知り、ターゲットが求める人物像・能力、つまり「企業のニーズ」を見つけることが企業分析の本来の目的ですよね。ここに当てはまれば少なくともエントリーシートで落ちるなんてことはないわけです。

次に自己分析。これは「ポジショニング」を行っています。よく言われるのが「自分の強みを探せ!」ということだと思いますが、これこそポジショニングの概念です。要するに差別化を行うために、他の人にはないユニークな資質を探し出すことこそが本来の目的なはずです。

最後の自己PRは何をしているのでしょうか。企業分析で見つけた企業のニーズと自分のポジションを合致させる、「マーケティング戦略」を練っているんです。見つかったニーズに対して、自分のこの資質は合致している。この繋がりを説明して、人事の方に「お、こいつは欲しいぞ」と思ってもらうための戦略を考えることが自己PRなんですね。そもそもなぜ、こんなことをしなくてはならないのでしょうか。

答えはカンタン。これをやらないと失敗確率が高くなるからです。マーケティングをしない行動は失敗確率が高くなります。「私は御社に入ってこんなことがやりたいです!」なんて言おうものなら即失格。企業からすれば「そのやりたいことは会社にとってどんな意味があるの?」って話です。よっぽど運が良くないと通らないでしょう。

就活でなくても、例えばデートに誘って成功する確率を上げたければ、まずマーケティングを行うべきです。ただ「デートしてください!」は成功確率が低いでしょう。「御社に入りたいです!」と同じですからね。

それよりもターゲットを分析して好きな料理や趣味などをリサーチして、イタリアンが好きだという情報を掴んだとすれば「友達に美味しいイタリアンのお店を教えてもらったんだけど、一回行ってみない?」とニーズに合った提案ができます。こっちの方が成功確率が高くなるのは自明でしょう。モテる、モテないではありません。

「マーケティングできてる?できてない?」って話です。マーケティングができないと、好きな仕事も好きな人も振り向いてくれず、「成功」することは到底できないのです。

マーケティングの癖を付けよう

言われたからといっていきなりできるようにはなりません。この思考パターンを脳が記憶し、無意識に行えるようになるには、「反復練習」が必要です。

この練習場所は、学生の方には残念なことに「仕事場」なんです。成功(成果)が問われる場所でなければ、なかなか癖になるほど考えることはできません。一番早いのは、「仕事でマーケティングをやる」ことです。仕事でマーケティング思考が強制的に脳に刻み込まれていき、日常でも相手ベースで考えるようになります。「大人の魅力」なんて言い方もするように、学生でも大人とお付き合いしたいという方も多いのは、結局はマーケティングに行き着きます。マーケティングが癖ついている大人が、相手基準で考えてくれることに魅力を感じるのです。学生と大人の違いは、根本的にはここにあるのでしょう。

では、学生はマーケティングを身に付けることはできないのでしょうか。そんなことはありません。学生の身分のまま、働けばいいんです。

学生でも、常にマーケティング

弊社では学生であっても常にマーケティングを考え続ける環境を整えています。企業や業界という「ターゲット」について分析して、「ニーズ」に合致した役立つコンテンツを考える。そのコンテンツを、書いて伝える。この流れの中にマーケティングの基礎が詰まっています。ターゲットのニーズを考えることやニーズに合ったコンテンツを考えることは言われるまでもなくマーケティングでしょう。

そして「書いて伝える」作業は必然的に「相手の立場になって書く」ことが要求されます。マーケティングは自分本位では成立しません。「相手にとって、最適なことはなんだろうか」と考えることがマーケティングの本質です。この姿勢や考え方が、業務をこなしていくことで染みついていきます。

そうすると不思議なことに日常にも影響が出るのです。なぜなら「脳の構造」が変わるから。マーケティングの思考回路が脳に形成されて、無意識にマーケティングができるようになります。

こうなると、一般的な学生とは一味も二味も違います。就活においても、自分の言いたいことだけを喋る学生と、企業本位で企業のメリットについて話す学生のどちらを採用したいでしょうか。言うまでもありませんね。

求められる人材になりましょう。マーケティングができることは、学生だからこそ希少価値が極めて高いです。今の内に身に付けておけば、同期で比肩無き存在になることができます。

「成功」しましょう。マーケティングは、成功力です。成功力を身につける場所は、用意しておきました。後は、飛び込むだけです。さあ、始めましょう。