仕事を楽しむためには一定のルールを把握しておくべき

定光 達斗

京都大学 大学院農学研究科

ー2018年3月卒

PROFILE

大学院では難病の予防や治療に関係する生薬の成分解析を研究として行っている。学部生時代に友人とヒッチハイクをし社会人と初めて接する機会があり、そこで研究以外の道で将来進んでいくことに触れる。一人で一喜一憂するだけの研究に虚しさを覚え、もともと人と接することが好きだったということもあり短期、中期インターンを始める。 周りが羨むほどの高学歴ながらも未来電子でインターンを始めた京大院生は何を求めてインターンに参加しているのだろうか。核心にある彼の想いに迫ります。

「アルバイト、インターン、社員」の違いとは

―未来電子に飛び込んでみて、それまでやっていたバイトや他のインターンとどういう所が違うポイントだと感じましたか?

やっていること自体は仮に接客と未来電子を比べたとしても学びを得る順序とかスキルアップしていく順序ってそんな変わらないと思っています。ただ決定的に違うと思うのが周りのモチベーションが高いという環境です。自然と影響し合う何かがあると思うんですね。インターン生のモチベーションをうまく促進するような仕組み作りが結構確立されているのかなと思います。

―言葉のイメージで考えるとアルバイトの方とインターンの方と新卒の方、この三者で違いも出てくるとも思います。定光さんのイメージでは、この三者にはどんな違いがあると思いますか?

色々違うと思うんですけど、イメージとしてはアルバイトはお金を稼ぐ目的、インターンは成長、それが混ざったのが新卒だと思います。社会人はお金と成長両方に対して自分で責任を負ってるようなイメージです。それに加えて帰属意識が強くなった状態もあると思います。

―この三者については厳密な定義はありませんが、学生の気の持ちようで実は変われるというのもあるかもしれませんね。同じアルバイトとしても自分はインターンなんだって固く信じていたらインターンになりうるということですから。

そうですね。どんどんレベルアップしていくようなバイトもありますし、逆にインターンでも単純作業でほぼ頭を使わないような、仕事をしていることも中にはあるんじゃないかなという風に思ったりします。

―確かに、それは社会人に対してでも同じことが言えますね。

仕事を楽しむために把握しておくべきこと

―インターンとアルバイトの決定的な違いは教育があるかどうかもしくはある程度裁量権があるかどうかだと思うのですが、これについて何か意見はありますか?

僕自身アルバイトは三つくらいしたことがあるのですが、特に派遣で働いていた時は時間をお金に変えてるだけというイメージでした。逆にカラオケと結婚式場で働いていた時は、雇う側としても店舗を盛り上げていく必要があるのである程度の教育はありました。自分の心の持ちようによってアルバイトでもインターンでも成長はできると思います。成長を社会に出たあとで通用する何かしらの力を得ることだと定義するとアルバイトでもインターンでも達成できるとも思います。

―同じ仕事をしていても捉え方のレベルで得られるものが全然違ってくるのでしょうね。定光さんのなかではバイトとインターンで変わらないという印象があると思ったのですが、その中でも自分はインターンとして聞いてたことでこういうことに気づいて何か得たものはありますか?

インターン来る前はインターンでは何か凄いことをしてるんじゃないかと勝手に思っていました。ただ実際参加してみて中を知ってみると思考プロセスとしては一緒で入ってすぐは分からないことも多く全然変わらないなと思いました。その中でもやっぱり裁量権というか学生の考えるタイミングは多いと感じてその部分を上手に使っていくべきだと感じました。

―実際そうだと思います。

例えばサッカーのルールを知らなくてボール蹴ってても楽しいわけないですよね。最初はもしかしたら楽しいかもしれないけど、それはすぐ飽きますよね。ルールとか全体像を把握してない状態だと楽しくないのは当然で。それはバイトもインターンも一緒だと思うのです。つまり仕事をやるにしても楽しい状態に持っていくためには一定のルールや全体像をしっかりと把握していくべきなのかなと思います。