2017.7.4

留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよって話 PART2 お前の名前はボブ編


こんにちは。未来電子テクノロジーでインターンをしている高橋陽(あき)です。

少し自己紹介をすると、僕は4歳から中3までECCジュニアに通って英語を身につけました。

さて前回は、留学してんのに日本人ばっかと絡む留学生なんて意味ねえよっていう話をしました。

今回は、本題の英語だけ喋れても意味ないよってお話です。

 

ボブってなにもの???

まず、タイトルにある「ボブ」ってなんやねんと思った方!ごもっともです。意味がわかりませんね。

これは僕が「英語だけ喋れてなんもできないやつ」を指す時に使う名前です。

ボブってそもそもダサそうじゃないですか?もっとイメージがつきやすいようにボブのプロフィールをご紹介しましょう。

 

ボブはアメリカ人、ロスアンジェルスの出身です。

ボブは大学を出ていません、高卒です。

ボブは黄金のMが有名な某ハンバーガーチェーン店で働いているフリーターです。

ボブには彼女はいません。なぜなら高卒で金もないし、話も面白くないしなんかダサいからです。

日本から出たことがない方はあまりイメージつきにくいかもしれませんが、アメリカ人の7割(言い過ぎかもしれんけど)はボブみたいな奴と思ってくれても問題ありません。笑

 

ところでみなさんと比べて、ボブが優れている点はどこだか分かりますか?

この記事を読んでいるみなさんは世間的にはいい大学に通っていて、バイトなどでそこそこの収入があるかと思います。実際ボブみたいなのが周りにいたら見下しますよね。

僕なら全力で見下します笑 

でも、ボブは実はすごいんです!ボブはアメリカ生まれアメリカ育ち、みなさんが憧れるネイティブスピーカー、ボブは英語がペラペラなんです!

ボブと比べたら僕も含め日本人が喋る英語なんてクソです笑

 

すみません、少し前置きが長くなりました。

今回、ボブの例を通して、僕が言いたいのは結局「留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよ」ってことです。

そもそも留学ってなんで行くんでしょう。

留学に関する統計などを見ても、「語学の向上」を目的にする人は多いようです。

でも、よく考えてみてください。

みなさんの留学前の英語力のレベルにばらつきはあっても、基本的なゴールは一緒です。「英語が喋れるようになること」です。

これは、留学のゴールが「ボブになること」と一緒だと僕は考えています。だってボブも英語喋れますもん。

 

あなたはボブになりたいと思いますか?僕なら絶対なりません。

みなさんもそれは違うんじゃない?と感じてくれたと思います。

留学して英語を身につけたい!と考え、行動に移す、これ自体はいいでしょう。

各々が英語を身につけたい!身につけた方がいいと考える背景には、「海外で働きたい!」とか「就活の武器がほしい」などがあるんじゃないかと思います。

そもそもこれらが目的なのであって、英語自体にはなんの意味もありません。

むしろスタートラインです。英語というツールを持つことで、海外で働いたりすることができるようになります。

ボブを目指すのではなく、その先を見据えてみると留学へのモチベーションをバチバチに高めることができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

英語だけを目的に留学しているまた留学を検討している君!君の名前はボブです。ボブになるだけではなんの意味もありません。英語プラスアルファで留学をしよう!

次回も留学行ってるのに意味ねえよシリーズをお届けしたいと思います。それでは!!

 

関連記事

留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよって話 PART1 留学で一番の友達は日本人編

留学行って英語話せるだけの奴なんて意味ねえよって話 PART3 留学の目的はインスタちゃうで編


この記事を書いた人

高橋 陽

立命館大学

高橋 陽