関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 冴えない僕は◯◯で劇的に変わったというお話。

105

 

こんにちは!森高です。

春も終わりに近づきだんだんと暑くなってきましたね。

ご存知の方もほとんどかと思いますが、僕は、小、中、高、大とずーっとテニスをしてきました。

 

そして、最近つくづく思うのが、

テニスめっちゃいいスポーツやん!

ってことです。だからこそ、子供できたら絶対させたいな〜って思ってるんですよね。

 

ほんといいスポーツです。今日は、なぜ僕がテニスをすすめるのかという完全自己満足の記事を書いていきます。

 

1、一番人生の中で自由で楽しい大学生活を謳歌できる。

 

正直、テニスって高校までは日の目を浴びないスポーツなんです。

高校の部活といえば、野球!サッカー!バレー!バスケ!

 

こんなメジャーなスポーツに隠れて、影をひそめるスポーツなんですよね。

 

本当にそれを実感した出来事があって…

高校2年の時、僕の所属していた高校からは、野球部、バレー部、そしてテニス部が全国大会に出場が決まりました。

当然学校の垂れ幕に三つとも張り出され、みんなから頑張れ〜とエールをおくられるのですが、学校としての力の入れようが全然違います。

 

野球部・・・学校をあげての総応援団

バレー部・・・スポーツクラスみんなで応援団を結成して応援

テニス部・・・あ〜福岡で試合なんや〜!頑張ってね〜!!

 

・・・こんな感じでした。笑

当時は本当にテニスって損なスポーツだなーと思ったものです。

 

でも、でも、でも!

 

これが、大学に入るとそれが一変するんですよね。

お気付きの方も多いかと思いますが、大学といえば、サークル!

そしてサークルと言えばテニサー!!

要は、大学に移った瞬間いきなり競技人口が増えるスポーツなんですよね。

 

僕は、大学に入るときには

「まぁ死ぬほど高校でテニスやったし、大学ではテニス以外の事したいな〜」

 

なんて思ってましたが、ふと誘われたテニスサークルに参加してみたところ。

 

「あっ。めっちゃ楽しい。すぐはいろ。」

 

ってぐらい速攻でテニスやることを決めちゃいました。

 

そりゃー高校時代普通の部活をしている人の倍はテニスをやっていたので、

そこらへんの人よりはうまいし、チヤホヤされるし、めっちゃ楽しいんですよね。

しかも、僕みたいな不純な動機を持った子が他にもたくさんいるので(先に謝ります。テニサーの方々すいません。笑)かなりレベルも高い中でやることができます。つまり、遊びでやってチヤホヤされながら、ガチでやるみたいなことができる、最高の環境が手に入りました。

本当に、テニスがなかったら僕の大学生活はどうなっていたんだろうってぐらい本当にテニスやっててよかった〜と思えるものでした。

 

そういう意味で人生で一番自由な大学生活を充実させてくれるものだと僕は確信しています。

 

2、楽しく時給の良いバイトができる。

 

テニスをしている人の間ですごく人気のアルバイトがテニスインストラクターです。

専門職なので普通のアルバイトよりも高い時給(だいたい¥1300~1500)で働くことができます。

さらに、中には僕のことを気に入ってくださり、通常のレッスンとは別に、月一回時給1万円でプライベートレッスンをさせていただいたりしていました。

あと、一定のお客様を継続的に持つことになるので、就職活動の時に相談できたりとか、テニスのコーチをしているだけで、ちょっとした人脈が勝手にできてしまうような夢のようなバイトです。

 

もちろん、仕事なので大変な部分ももちろん多いですが、実際テニスをする人自体が裕福な方が多く、会社的にも権力を持っておられる方がほとんどです。

しかも、好きなテニスをやっているので僕自身はバイトとしてやっているというよりは、すごく楽しくお客様とテニスをして、結果お金がもらえるような感覚だったので、本当に稼げて人脈も手に入って良いバイトでした。

 

 

3、人とのつながりをつながりを作りやすい。

共感していただける方も多いかと思いますが、テニスができるっていうだけで友達作りに困りません。

高校を卒業して本当にコミュ症だったぼくをテニスが救ってくれたといっても過言ではないぐらい、本当に助かりました。笑

 

しかも、テニスというと大学のサークルというイメージが強いかもしれませんが、実は社会人のテニスサークルも多く存在しており、それ専用のSNSがあるぐらいです。

参考URL ラボーラ

僕が、新卒で入社した大手企業での最初の配属で、全く会社の人以外にお友達がいなかった時、ネットで検索して、たくさんのサークルに顔を出したりしてました。

そして、1年後には会社の人以外で200名ぐらいの方と実際お会いでき、かつ友達を作ることができました。

本当にそれぐらい人と知り合う上で強力なツールになりえるんですよね。

4、世代を超えてできる、生涯スポーツである

 

ここまでは、自分の経験談として書いてきましたが、将来も考えるとやはり、テニスの一番の良いところはこれかなと思います。

 

学生時代は部活、サークルとして。

社会人になってからは、日々の運動や人脈作りとして。

子供ができてからは、家族団欒のスポーツとして。

その後は一つの趣味として。

 

いろいろな世代が一緒になってできる唯一のスポーツといっても過言ではないでしょう。

なぜなら、野球、サッカー、バスケット、バレーなどは、人数の関係上年をとればとるほどやるのが難しく、よく接待で使われるゴルフなんかは幼い頃からやるためには、あまりにもお金がかかります。

そういった意味では、子供の習い事としては一番良いスポーツなのではないかな〜と個人的には思います。

本当に小さいころ習わせてくれた両親には感謝です!

 

今後のビジョン

 

こんなにテニス好きを語っている僕も、実はこの一年間全くできていません。実は仕事についていくのに必死すぎました。笑

おかげ様で太る一方です笑

でも、転職して1年たってそろそろ少し余裕ができてきたので、少しずつテニスを再開していって今まであってきた方及びテニスによる新しい出会いを求めていきたいな〜と思っています。(もちろん、ダイエットも兼ねて笑)

 

もしよかったら、無料でレッスンもするんで、一緒にテニスしませんか??

そして、僕自身もどんどんテニスのお誘いお待ちしています!!

 

それでは今週も頑張っていきましょう!!

あざした!!

 

追記

インターンに悩まれている方向けにLINE@を開設しました。
大手もベンチャーも経験した人事担当者がみなさんの疑問に答えてくれます。
インターン、就活について聞きたいことがある方は以下のボタンをクリックして質問してみてください。
LINEat_logotype_Green

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
森高大貴
森高大貴

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.