関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > ゆとりの僕が考える自分の特徴を知る事の難しさ

こんにちは、インターンの小野です。

今回未来電子のブログ初投稿です。
これからよろしくお願いします。

自分の行動をどれくらい意識できているかについて

今回僕が伝えたいことは、ズバリ今の自分を知る事の重要性です。

いやいや、自分の事は、自分が一番知っている・・
そんなふうに考えてませんか?

もちろん自分しかわからないことも沢山あります。

しかし、人間というものは自分で意識して行動出来ている事はほんの少しだけなのです。

ほとんどが無意識下での行動をしていて、これを潜在意識といいます。
ちなみに自分で意識できていることを顕在意識といいます。

そして自分が意識して行動出来ていることはたった1割なのだそうです。

例えば僕の場合

小野ってすぐ「え?」って言うよな
ono
え?そんなに言わないですよ・・あ!
ほら!ゆうてるで〜
ono
もういわんようにします・・
小野、ちょっとそれをゴニョゴニョ〜
ono
え?
ほらいうた

バシッ!!

ono
え?すみません・・あ!!

なにが問題なのか

アホらしい問題ですね。笑
でも僕はふざけている訳ではなく無意識で上のやりとりを行っていました。

僕の特徴の一つとして、自分が聞き取れない内容や、予想外の言葉が来ると無意識的に強く「え?」と返してしまいます。
目上の人に対して失礼ですね。

そして恐ろしいことにこれに自分では全く気づいていない

僕の場合指摘してもらい始めて意識出来るようになりました。
まだ反射的に言ってしまいますが、今は「え?」と言ってしまった時に気づけます。

もうお気づきだとは思いますが無意識的にやっていることは、

指摘をしてくれる他者がいなかったら永遠に気づかない

という事です。

これは本当に怖いですね。
自分の問題点を把握できないまま、知らないうちに周りを不愉快にさせている。

自分の問題を知るために

ここで大切になってくるのが、自分に問題点を教えてくれる人ですよね。

僕の場合は、自分のヘボさとキャラ的に指摘されやすいので、色んな場所で沢山気づきがあります。
問題点が多くて良くないことですが。笑

ただ指摘されたらものすごくへこむ怒る逃げる(あんまりかかわらなくなる)、このような事をしていたら、折角の気づきのチャンスも無駄にしています。

一度素直に受け入れてから考えましょう。

自分のダメなところを指摘されると反発したり、悲しい気持ちになりますが、そこから学べることはないのかを考えましょう。

指摘をしてくれた人にどういう態度をとるべきなのかわかるはずです。

みなさんは自分の悪いところや問題点を指摘してくれる人は持てていますか?

大学生や社会人になると、自分の問題点をなかなか他人に指摘してもう事は難しいですよね。
他人に嫌われる可能性もあることをわざわざ言ってくれる人など本当に少数です。

ただ本当に仲が良い人がいるなら、その問題点を伝えてあげることも優しさだと思います。

自分の成長のためにもそんな人を持ちましょう。

ちなみに未来電子は自分の問題点を見つけれる、そんな環境です。

ありがとうございました。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
小野 晶輝
小野 晶輝

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.