関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > まだ間に合う!自分の魅力の上げ方。

大学3回生になると、そろそろ就活のこと考え始める頃ですよね。
春休み明けてから大学に行くと皆がいつもと雰囲気違ってびっくりしました。
先輩もスーツの方が増えて、嫌でも就活ムードがヒシヒシと伝わってきます。

そこで最近良く聞くワードが『自己分析』

もう皆やってるんかな?

これ実は僕も以前はやってたんですよ。
自分の就きたい職業探すために。。。

 

でも、やった方は共感していただけるかと思いますが、

わかるか!!!考えれば考えるほど自分のことなんかわからへん。

ってのが僕の結論でした。

もちろん、できる方もいるんでしょう。
ですが、大半の大学生は僕と同じように自分の事なんてわかってるつもりでわかってないのではないでしょうか。
未来電子にくる前の自分はそうでした。

でも、ここでインターンし始めてからつくづく思うんです。

 

分析なんか必要ない!!あほか!!!と。
必要なのは自分の魅力を最大限にあげること。
あっ、良く見せようとか、かっこつけろと言っているのではないですよ。

僕が言う自分の魅力を上げるとは、
誰にも負けないストーリーを持てということです。
どういうことか。

例えば僕の場合。

広島まで3泊4日かけて自転車でおばあちゃんに会いにいって宿が無いから他人の家にピンポン押して田舎に泊まろうするとか。

東京までバスケ部の友達に会いにヒッチハイクで行くとか。

などなど。。。。
普通に聞いたらばかに思えるかもしれないですが、これは僕が誇れる僕のストーリーです。
立派な僕の武器です。

なぜ、ストーリーが必要か。

例えばスポーツの世界でも、恋愛でも、就活でも、どんな場面でも、

重要なのっていかに人と違う事をするかですよね?

他人と一緒じゃおもしろくないじゃないですか。
たとえ人に馬鹿にされようが、
他人より突出した武器があればそれで勝ちじゃないですか。

 

でも、そんなこと言われても何すればいいかわからんわ!!
ヒッチハイクとか無理じゃ!!

と思った皆さん。
ご安心ください。

僕が今からすぐにできる自分の魅力の上げ方教えます。

 

簡単です。
いかに死に近い選択をするか
です。

これは弊社の代表が常に口にする言葉です。
どういうことかというと、

易きに流れるな。
わざと険しい道を選べってことです。

(詳しく知りたい方は岡本太郎さんの本読んでください。)
そのとき、そのときは死ぬ思いでやったことが

のちに良い話のネタになったり、経験となって結果的には自分の魅力をあげることになる。

ストーリーを作るのは、そのときそのときの死に近い選択なんです。
死に近い選択をしていれば
それがいずれ自分の魅力に繋がっていきます。
話がかなりズレてしまいましたね。
まとめると、今の皆が乗るレールに乗っても死ぬだけですよ!って話です。

生きたければ、死に近い選択をして自分の魅力を上げましょうというお話でした!
最近僕が感じることを初投稿で書いてみました。
読んでくださった皆様ありがとうございました!

機会あれば僕と自分のストーリー話し合いましょう!!
お疲れさまです!

 

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
加屋 陽士
加屋 陽士

メディアチームインターン

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.