関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > アメブロをビジネスブログとして活用しない方がいい理由とは何か?

84a76c5901ee455e99ddb878c75f79e1_m

賛否両論ありますが、僕は基本的に「アメブロはビジネスブログとして使うにはふさわしくないですよ」とお伝えしています。

アメブロだけではなく、FC2ブログやライブドアブログも同様です。

もちろんプライベート、遊びとしてアメブロ(他社ブログ)を使うのは全然良いと思います。
芸能人もいっぱい使ってるしね。

ではなぜビシネスでアメブロ(他社ブログ)を使わない方がいいのか?

本日は僕なりに考えるその理由について書いてみようと思います。

「浪費」「消費」「投資」という考え方

お金と時間の使い方は大きく分けてこの3つに分けられると思います。

「浪費」「消費」「投資」

ビジネスではもちろんのこと、プライベートに置いてもいかに投資にお金と時間を使うか

これはめちゃめちゃ重要だと思います。

浪費で一度甘い蜜を吸い、その味を覚えてしまい抜け出せなくなったら最後。
麻薬みたいなものでしょうか。

実際ビジネスの現場でもこのようなことが多発しているように思います。

要は、お金と時間は「浪費」「消費」ではなく、「投資」に回していかないと未来はないってことです。

アメブロ(他社ブログ)ではどうか?

リアルの世界ではわかりやすいのですが、Webになった途端わかりにくくなっちゃうんですよね。

例えばですが、賃貸マンションに住むことは投資になりませんよね?

賃貸に住むことがダメだと言っているんではないですよ。

これと一緒です。

アメブロ(他社ブログ)を使うことは投資になりませんよね?
まだわかりづらいですか?

アメブロ(他社ブログ)は他人のモノです。
そうですよね?

ドメインを見ていただければわかると思いますが、基本的にアメブロを使用した場合のドメインは、【http://ameblo.jp/◯◯◯/◯◯◯.html】になっています。

そしてこの【http://ameblo.jp】の部分は完全に他人のモノです。

他人のモノの一部分を借りているだけです。

現実世界で言うと、【http://ameblo.jp】の部分は【アメーバタワー】というマンション。
【/◯◯◯/◯◯◯.html】の部分はアメーバタワーというマンションの一部分をお借りしている状態です。

アメブロ(他社ブログ)は使うということは、土地も、その場所も、全部他人のモノってことです。

自分の資産にはなにひとつならないです。
なにひとーつです。

ブログ記事を書いている人ならわかると思いますが、継続的にブログを書いていくのは本当に大変ですよね?

アメブロ(他社ブログ)で記事を書くということは、他人の家にお洒落な家具やかっこいいインテリアをせっせと入れていっているイメージです。

残念ながらいつ強制退去させられても何も文句は言えません。

もちろんお洒落な家具やかっこいいインテリアはなにひとつ手元に残りません。
ライティングスキルやタイピングスキルは自分の中に残るかもしれませんが。

これってビジネスの観点から言うと絶対にNGですよね。

どうですか?

「投資」にはなり得ないですよね?

考え方が根本的に間違っていると思います。

何年も更新してきた自分のブログが消えるなんてことはあってはならないですよね。

でも他人のモノを使わせていただいていただけなので仕方ないです。

逆に自社ブログを作り、そこで更新をしていくということは自分の資産を作るということと同じことです。

そうです、「投資」です。

レンタルサーバー(土地のレンタル)だったとしても、家の設計図や住所は自分のものなので、しっかりドメイン(現実世界の住所)を取得し、長く運営をしていけば、SEO効果も上がっていき、ソーシャルとの連動なども上乗せされればかなり価値のあるサイトになっていきます。

住所自体がブランドになるイメージですね。

例えば、そうですね、「芦屋」とか「世田谷」とか「軽井沢」とかですかね。

芦屋って聞くだけで金持ちそうなイメージ湧くじゃないですか?

でも芦屋に特別何かがあるかっていうと特に何もないですよね。

これは今までの歴史やさまざなま影響によって住所がブランド化してるということです。

土地そのものに価値があるわけではないと思います。

ドメインも同じです。
最近はドメインの取得期間はSEOにも関係ないとも言われていますが、少なくとも長く所有していることにマイナスはありません。

この辺りが他人のモノであるアメブロ(他社ブログ)でせっせと更新している人がわかっていないポイントだったりします。

これはもはやWebの原則にもビジネスの原則にも全然当てはまっていないと思います。

アメブロ(他社ブログ)を使って更新する人は、【ビジネス】なのにも関わらず、他人のドメイン(住所)にせっせと価値を貯めているんです。

いや、別にこれが100%ダメということじゃないんですよ。

それが結果としてアメブロの運営会社、サイバーエージェントさんに貢献しているんだから。

でもですよ、もし仮にですが、サイバーエージェントさんが「アメブロ終了のお知らせ」とか告知してきたら5年間アメブロで更新し続けてきたあなたはどうするの!?って感じですよ。

「そんなことは起きないよ」とか、バックアップを取っておけばいいとか、書き直せばいいとかそういう問題じゃないです。

時間をかけて作った影響力のあるドメインが死ぬんです。

また0からのスタートです。

中長期視点で考えると、初めに少々面倒でも自社ブログを自社ドメインで作った方がいいです。

ビジネスって、かかるコストをいかに減らしていきながら、最大の価値、売上を上げていくかが重要ですよね。

人を増やし、それに比例して価値と売上を上げていくのは本来望ましいことじゃないはずです。

売上を伸ばしつつコストを減らしていくのが大切です。

それを分かっていますか?という話です。

ブログをビジネスツールにしていこうと考えてるのに、アメブロとか他の無料ブログサービス使っているってのは、もはやそこの考え方がズレてます。

不動産投資で稼ぐ人と、賃貸で借りて家賃を払い続ける人の違いです。

わかりますかね?

コストを減らし、価値が継続する仕組みを構築する人と、その場その場で楽な仕組みを人から借りて、ずっと【労働集約型】から抜け出せない人との考え方の違いを言っています。

結局そのような人は、【労働集約型】の仕事のスタイルから抜け出せなくなります。

間違いなく。
だって考え方がそうなんだから。

とにかく明日からは、「同じ価値を発揮するのに、かかるコストを減らしていく方法は無いか?」を常に考えるクセをつけましょう。

アメブロ(他社ブログ)以外でも

これは別にアメブロ(他社ブログ)だけに限った話ではありません。

HP制作や他のサービスにも同様のことが言えます。

例えばHPをどこかの会社に依頼して新規で作ってもらうとするじゃないですか。

新規でドメインを取得しますよね?

契約期間がありますよね?
(ないところもあります)

その契約期間が終わったら、今回新規取得したドメインの所有権は誰のものですか?

えっ?わからない?

誰でしょう?

自分だったらいいですよね。

もしHPを作った会社の所有権だったら?

そうです。
一生その会社と契約しておかないといけないんです。

もっと簡単に言うと、「HPをお借りしているだけ」です。

契約期間中は綺麗に作って使わせてあげるよ、これからもずっと使いたいんだったら永久に契約更新してね

ってことです。

ありえます(笑)?

ありえますよ、十分。

最後に

上記に挙げたのはブログやHPの一例であって、他にもさまざまなところで同様の現象が起こっています。

もちろん、自分たちでは到底作ることのできない仕組みを作っている素晴らしい会社が世の中にはたくさんありますので、それらをふんだんに活用し、ビシネスを加速させていくことは必要です。

人のモノを使うのがダメだということではなく、それ自体が「浪費」「消費」「投資」のどれに当たるかちゃんと認識しておかないと痛い目に合うよってことが言いたかったんです。

ま、そんなことを言ってる自分も「仕組み」を作るのがめちゃめちゃ苦手なんですがね…

あざした。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
黒田 圭一
黒田 圭一

メディアチーム/営業統括責任者

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.