関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 採用活動は運命的でエキサイティングな仕事だなって思った

blog

採用活動という仕事はものすごく運命的で刺激的な仕事

いま未来電子テクノロジーはエンジニアを募集しています。もうITの会社をやって5年になろうかという段階でやっとの本格採用ですね。

今までは自分で書いたり、プログラマー養成講座をクリアした学生に徐々に実務を任せてみたり、社外の人にお願いしたりしてまかなっていました。

というのもこれまではマーケティングサイドでバイサイドビジネスがメインだったので、別段急を要することもありませんでした。

ただ、これからの未来電子は事業をスケールアウトさせるために、その真逆であるオペレーションサイドでセルサイドビジネスに切り替えていく必要があります。

その構想が出来上がったいま、最も必要なのはパワフルでビジョンを共有できて自走できるエンジニアです。
 
 

サービスの初期段階はとにかくプロダクトのクオリティにこだわる

新しいサービスをオープンしたらまずはじめになにをやるか。スケールさせるためにやるべきことはたくさん考えられますが、中でも集中すべきことは2つだけかなと。

それはプロダクトのクオリティを上げることプロダクトの魅力を効果的に伝えること、つまりメディア力かなと考えています。

プロダクトのクオリティアップについて考えると、クオリティが高いという基準はなんなのかという疑問が常について回るので基準について自問し続けなければいけません

その結果たくさんの基準をもつことになりますが、大きくわければ表面的なことと内面的なことにわけられるのかなと思います。

まずは表面的なことでいえば、ひと目見たときに「なんだこれは?!」をユーザーから引き出すこと、それでいて直感的に使えて、さらに全体から伝わってくるメジャー感、あとは1機能だけでスパイクを表現すること。まだまだ足りていませんが、基準を作るときはここからすべてブレイクダウンしていきます。

もう一方の内面的な観点から基準を考えると、思想フィルタリングを通した上でのユーザーニーズへの対応というのがオーソドックスで、PMFという言葉があるようにそれがクオリティの高さの基準になるのはまず間違いありません。

しかし、僕はそれだけではなくあともうひとつ重要と考えていることがあります。
 
 

それは一見意味がわからないことです。

 
 
普通に考えたらもっとわかりやすくすべきなのに、なぜあえてこうしているのかという議論が起こりそうな機能があるということもクオリティの高さの基準にしています。

当然、聞かれたら説明できる理由が必要ですが、説明しなくても体験の中で理解してもらうことができれば、いずれそこがオリジナリティになるポテンシャルを秘めているから。

イノベーションと呼ばれるものはすべて理解されるまでは議論しか起こらないゴミ同然。でもそれが受け入れられたら爆発するのはいつもそこなんですよね。

そんな基準をたくさん持っていますが、これだけのことを日々改善し続けるとなると、やはり未だ見ぬエンジニアにジョインしてもらわないといけないなってなりました。当たり前ですが。

僕の仕事はプロダクトの思想をパワーアップさせてアルゴリズムに落とし込む、そこからブレークダウンした機能をエンジニアと一緒にブレストして実装してもらう。これが高速で回れば最高。
 
 

伝える技術とはコンテクストを紡ぐこと

あともう1つ僕は、セールスを含めたメディアのことを考えなければいけません。プロダクトの魅力を最大化する言葉と露出経路、さらにセールスプロセスからトークスクリプトまで。

要所要所にコンテクストを散りばめて、どこを切り出してもメディアに取り上げられやすいように作る。こちらもまたPMFですね。このへんはずっと自社の実務でやってきたので土地勘があります。

そしてそれがエンジニア採用の時にも効果を発揮するので、とても重要なことなのかなと思います。
 
 

何にワクワクして働くのかってとても重要ですから。

 
 
メディアに取り上げてもらえるくらいワクワクできることであれば、採用面接の時にLiveで伝えたらその1000倍は伝わりますからね。

だから履歴書をみてとか経歴をみてとかは正直どうでもよくて、その人が何を考えていてその考えを実現してきたのかどうか、そして僕が考えていることに本質的な質問をしてさらに高めてくれるか一緒に議論して盛り上がれるか、それだけが知りたい。

そのためには、まずフェアになるように僕が魅力を最大化してプロセスをパッケージングしないといけないし、反応が悪かった流れは次回以降改善しないといけない。

 
 

プロダクトが良質なこととユーザー数の増加に相関はないが、プロダクトが良質でその良さを伝える力とユーザー数の増加には相関がある。

 
 
そのためにはエンジニアがキモ。自分もエンジニアの端くれなので、これだけ技術が求められる時代に生きていて、タイミングよく技術をやっていて良かったなと思う今日この頃ですね。
 
 

毎日面接できる日々が楽しくて仕方ない

そんなことを考えながらワァーワァーいうとりますが、いま僕は面接ラッシュです。
 
 

伝える力が毎日パワーアップしていきます。

 
 
たくさん面接をさせて頂きましたが今のところお一人、僕が求める人物像に完全にマッチする超楽しい方と出会うことができました。今後もさらに採用を加速させていきます。
 
 
そんな楽しい現場のあとは、これまでのすべてのことが運命で繋がっていたかのように意味付けをしてしまうのが人間ですね。

僕はポジもネガもひっくるめて、オセロのように最後は全部ポジティブにひっくり返す意味付けをし続ける。だから何度社会的に死にかけてもネガティブに飲まれることはない。

これがConnecting the dotsの本当の力。起業家に必要なスキルはこれだけかもしれない。
 
 
 
ネーティネーティ、NO DISGUST, NO LIFE

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.