関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 【学歴は必要かどうか?】について自分の思っていることをぶちまけてみた

こんにちは、メディアチームの黒田です。

先日成長株の若手デザイナーひろきちが【学歴は必要か?高学歴インターン生に低学歴な僕が聞いてみた。】というブログを書いていました。

彼です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Photo 2014-10-27 11 15 58

変なやつです。

20歳です。

「あぁ、自分が20歳に戻れたらどんなことをするだろうか?」と考えてしまう辺り、おっさんに近づいている証拠ですね。

本日は僕もこのひろきちネタに便乗して、【学歴は必要かどうか?】という点について自分なりの考えを書いてみようと思います。

学歴は必要かどうか?

僕なりの結論を先に申し上げます。

めっちゃ必要やろぉおぉおぉー!!

えっ?
だってそうじゃないですか?

社会に出る前のバトルである大学受験に負けてるんですよ?

えっ?「別に他人と勝負してるわけじゃないし」だって?

いや〜。
負けてますって(笑)。
何を言おうとも負けてますって(笑)。

偏差値50の大学に行っている人は55の大学の人に負けていますし、55の人は60の人に負けてますって。

まぁ入試にも指定校推薦とかAO入試とか色々な種類がありますので、運とかその他諸々外部要因も影響しているとは思いますよ。

それでもですよ、偏差値50の大学に行っている人が偏差値60の大学に入れたかどうかって聞かれると、「そりゃ無理でしょ!」ってなるでしょ!?

要するにですよ、手段はどうであれ大学に入る前段階、高校1年〜3年間の期間をその程度で過ごしていたってことじゃないですか。

それを「大学は関係ない」とかさ、「学歴じゃないっすよ」とかさ、そんなの通らないっすよ。

やっぱり偏差値65とか70とかの人に比べると勉強してきた量が圧倒的に違いますよね。

勉強してきた量が違うってことは、ひとつのことに打ち込めるストレス耐性も違うってことじゃないですか?

いや、まぁ無理やりこじつけた感はあるかもしれないですけど。

企業の人事に聞いてみるといいと思いますが、100%「学歴は必要」って言うと思いますよ。

違ったらすみません。

あ、学生には間違っても「学歴は必要です」なんて言わないと思いますよ。

じゃ聞いても意味ないか。

低学歴か高学歴かはもう年収300万と3000万の人ぐらい違うと思います。

とにかく学歴は必要です。

でもちょっと待ってください。

今日の話は言いたいことだけ言って、「はい、低学歴はゴミ」で終わらせるものじゃありません。

もうちょっと付き合ってください。

まずは自覚すること

僕は偏差値48の大学出身です。今調べました。
※学部によって違いあり。

そう、低学歴です。

まず就活を始めたタイミングで高学歴大学の人との違いに驚愕しました。

それは頭の良さとかそんなことじゃなく、視野の広さと、そもそも大学生活の過ごし方が全く違うことについてです。

いや、まじでビックリするぐらい違いますよ。

どうですか?

僕と同じこの感覚を持った人はいませんかね?

いたら気が合いますね。

その時悟りました。

「あぁ、この人達には正攻法では勝てない」って。

就活でももちろん勝てないし、そもそも同じ土俵にすら上がれないって思いました。

だから僕は【インターン】という選択をしたんです。

「よーわからんけど、他の人と違うことをしないとヤバい」って思ったから。

僕がインターンに打ち込めたのは、よくわからないこの危機感と、自分が高学歴な人たちと比べて圧倒的にレベルが低いと自覚できたからです。

だからまずは自覚しよう。

自分の価値観を押し付ける気はないですが、客観的に見て数字で勝てないのに、意地を張って自分を守るのは辞めよう。

「自分は高学歴大学の人と比べて圧倒的に負けている」って自覚しよう。

社会に出て成果を出すにはこの自覚がめちゃめちゃ重要。

これは自分の大学をディスるということではないので、その点は勘違いしないように。

自覚ができれば次に進もう。

這い上がれるのが低学歴の特権

自覚ができれば後は正攻法以外のルートで目の前のことに打ち込むのみ。

特に低学歴の人には以下の3つを意識してもらいたいと思います。

1つ目:目の前のことに注力すること

2つ目:基本に忠実であること

3つ目:カメのようにコツコツ継続すること

この3つを実践できれば、大学時代の遅れなんてすぐに取り返せます。

まぁこれを実践するのが難しいんですが。

でも低い期待値からグイグイ上にのし上がっていけるのは低学歴の特権だと思います。

偏差値60、70の人には始めからかなりの期待値がかかっていますからね。

そのような人を尻目に、「あーばよっ!先に行ってるぜ!」って言ってやりましょうよ。

最後に

自分が思ったことをそのまま書き殴った内容ですので、突っ込みどころが満載すぎたと思います。

僕は何も「低学歴な人は何をやってもダメ」って言ってるんじゃないですよ。

まず自分は現段階で死ぬ程遅れていて、負けていて、価値がないということを自覚して、その後に正攻法以外の勝負を仕掛けて、目の前のことに注力し、基本に忠実であり、コツコツ継続すれば高学歴にも絶対勝てるんだぜ!

ってことが言いたかったんです。

自分を含めて、「頑張れ!偏差値55以下の大学に行っていた社会人&現役大学生!」

あざした。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
黒田 圭一
黒田 圭一

メディアチーム/営業統括責任者

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.