関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 俺、人間を分類しました

人間を分類せなあかんねん

先週東京でありがたい課題をいただきまして、いまは人間を分類してます。

分類してみてわかったは「それをする意味」です。

ステレオタイプに善悪感情で判断するだけでは見えないこと、機械をいくら回したところで種がないところには花は咲かないこと。

サービスとしての未来のあるべき姿から逆算し、序列のないマッピングの形を突き詰めることを学びました。

自分が至らずで足りていないだけなのですが、やってみるまでわからないバカなもんですから、やる前に疑問は全部ぶつけて腹落ちした状態で進みたい、と自分の考えてるしょぼいことをぶつけました。

その結果得た情報から、いまは次の一歩に向けて歩を進めることができています。バイアスとはかくも恐ろしいものなのかと、そのバイアスをいつも丁寧に時に激しく紐解いて頂けて本当に感謝しております。
 
 
と僕の勝手な感情はさておき、人間の分類の話の続きです。
 
 
先にまだ答えは出ていないことをお伝えしておきますが、一度ちょっと下の画像をみてください。
 
 
humancategory
 
 
働く人間を人格と生産性から分類しています。人格と生産性以外の要素もまだあるだろうし、生産性の項目もまだ詰め切れていないので、人格の項目だけはかなりしっくりくるところまで落ちました。

というのも未来電子の中のポジションにとっての最適なタイプを掛け合わせてみると、これで分類できてしまったのです。インターンの採用の時にも使えそう。

ただこれだけでは意味がないので、ここから相互に掛け合わさって構造化されていきます。

安定を求めてるからダメだとか、変化を求めないからダメなんてことは決してない。これにあとは時間経過の概念を足すと、おもしろいことになりそうだ。
 
 
と書いたところで新しい切り口が浮かんだので、いま猛烈に考えたいです。ブログを書いてる暇がなくなりました。さようなら。
 
 
ネーティネーティ、NO DISGUST, NO LIFE

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.