関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 三国志に出てくるような軍師が欲しいから社内で軍師ブートキャンプを実施することにしました

IMG_0389_mini

軍師的発想ができる人材がいない会社はしょぼい

三国志が大好きなんですが、久々に見てたらやっぱ思うんですよね。
 
 

時代に名を残す軍師が欲しい

 
 
ってね。組織には軍師が必要なんですよ。僕が考える軍師のあるべき姿とは、大将の見ている未来を我先に見ようと常に10以上の策を考え続けている人。経営者はそれをしていて当たり前ですが、社員レベルにまで落とし込めたら最高の会社になりますよね。
 
 
その人間関係においては、大将が発すべき言葉は「策を示せ」という言葉だけ。
 
 
曹操みたいに「策を示せ」って言ってみたいじゃないですか。軍師の策を聞いた上で自分の考えている策を補強することあるし、そちらの方がいいと判断すればその策を採用する。当然、自分の考えている策よりしょぼいのを出した場合は「足らぬ」と言われて突き返される。
 
 

ここから先はどうしたらいいですか?

こんなこと言ってる間はまだまだ。寝ずに考えろ。
 
 

このようにやろうと思うのですがどうでしょう?

考えが近視眼的すぎるんだよ。策が少ない。いろんなストーリーを考えろ。
 
 

あの件、勝手にやっときましたので!

事後報告もいいけど他にどんな策があり、なぜそれを選んだか示すべきだよね。
 
 

今週の進め方として策を10用意してきました。週の前半は1〜4の策を試して、週の後半は5〜8の策を試す予定です。しかしもし前半で3の策が上手くいくようでしたら9,10の策をぶち込んで一気に畳み掛けます。

こんなこと言われたら勃起しちゃいますね
 
 

ぼっ‐き【勃起】
[名](スル)
1 力強くむくむくと起こり立つこと。(だから変な意味じゃないよ)

 
 

策ごとの効果と他の策との違い、さらにその策の1年先の未来まで語れるようになると最強ですよね。常時10の策が頭に入っているだけでPDCAを回す速度が圧倒的に上がる。

そうなるためにはどれだけ遅くても、1日単位でPDCAを回せるくらいに策はブレイクダウンされてなければいけません。 

こんな話をメンバーと昼飯を食いながら話していた時にふと思いました。
 
 
よし、軍師ブートキャンプをやろう!
 
 
この1ヶ月で未来電子の全員に軍師の能力を身につけさせる。カリキュラムはイメージ出来ているので早速落としこんでいきます。
 
 
ネーティネーティ、NO DISGUST, NO LIFE

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.