関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 拝啓、今年はやりたいことが8つもあるので充実した人生を送れそうです

blog

今年必ず実行する8つのこと

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
 
 
今年必ず実行することを新年早々FBにもアップしましたが、ブログには少し詳細も踏まえながら書きます。
 
 
早速ですが今年の自分テーマはLess is moreでございます。
 
 
今年からより少なくすることでより豊かになっていこうと企んでいます。何を少なくしていくのかは自分の中では明確です。自分がやりたくないことから遠ざかり、感情に反する行動を極力ゼロに近づけていきます。

昨年から少しずつ実行することで明確に未来が見えてきました。
 
 

いま何を考えて、いつ誰と会うために、どこへ動けばいいのか。

 
 
ノイズが多い世の中なので意図的にムダをシャットアウトして取捨選択しなければなりません。ただ自分がいくらシャットアウトしても、自分の知らないところで社内に入り込んでこようとするノイズも多くあり、不可抗力で動かざるを得なくなることもありますが最近はかなり減ってきました。
 
 
必要ないものは必要ないんです。
 
 
物質的にも無駄なものを減らし、たとえそれが慣習であっても迎合しないでいいものには迎合しない。自分は自分の準備をしてあとは時を待つ。

今年やることはその準備ですね。金を使うべきは誰にも奪われない「コト」。8つにまとめてみました。
 
 

1.自由に動くために「目」を治す

僕はコンタクトをしてなかったらほぼ目が見えません。メガネは度がキツくて酔うし、そんな状態ではどこに動くにも足かせにしかならないのでまずは目を治します。いまはレーシック以外にも選択肢はあるようなので、もっとも体に負担が少なく未来に選択肢を残せるような手段を採用したいと思います。

ただ、そのためにはメガネで過ごす期間が必要なようで、先日10年ぶりにメガネを買いました。使わなくなるのに・・・
 
 

2.世界で働く。あわよくばそのまま住む

東京オフィスも出しましたがそちらは他のメンバーに任せ、僕は「外」をメインで攻めます。なんせ外の人たちから聞く情報だけでもものすごい遅れを感じますし、百聞は一見にしかずという言葉をそのまま受け取らないとダメでしょう。

テクノロジーやファイナンス、デザインをキーワードに、世界で行っておいた方が圧倒的に良いMUSTな都市を8つピックアップしました。今年は世界を周って現地で自分のビジネスを試しながら、この30年間でもっとも必要となる国際感覚を身につけて会社に世界の風を吹き込みます。
 
 

3.日本での休日は教養に時間を使う

英語とファイナンスとデータサイエンス。この3つの教養を短期間で叩き込めて、最高に自分を追い込める「場」を見つけたので「金」投入しました。これもまた会社に持ち込み全員の基礎能力をぶち上げます。

会社の価値を上げるには働く人間の価値を上げるしかない。それを実直に実行していけば人も集まり自然と製品の価値も上がって、結果会社の価値が上がる。専門領域の言語を実用レベルで話せない人の下には才能は集まらない。そうならないために理解するために時間を費やします。

組織は「唯才是挙」で成り立つべき。時を待っている今、何に金を使うかは明確。
 
 

4.自分の思想体系を実現するサービスをローンチする

これは四半期以内に実現します。サービスなんてものはユーザー以外の誰が何を言おうが一切関係ない。僕の競合は自分を含む「人間の観念」のみ。そこにチャレンジしたい。そのフタをあけてみて反対に誰からも議論が出ない迎合されるだけのサービスだったら自分で潰す。

やりたいことはシンプルで、自分が考える最高のライフスタイルを実現したいだけ。そのためには日本だけでは事足りないから外に行く。
 
 

5.技術への研鑽を怠らない

技術の食わず嫌いはしない方なので自分自身は幅広くやってきましたが、今年はチーム全体の新技術獲得を含むベースの底上げと、チーム開発・運用・セキュリティ・改善の効率化に特に注力していきます。

ただ技術面で自分への注意喚起があるとすれば、どこまでいってもキレイにやろうとは思うなってこと。多少汚くてもバッファを残してスピードを重視することが重要。意識します。
 
 

6.最高のパフォーマンスを出せる環境作り

経験、権限、報酬、道具、休日。パフォーマンスを上げやすい環境を実現して「場」にナレッジを貯めていきます。チームとしてここを蔑ろにすることはあまりに時代に逆行しすぎてる。

今できていないところは改善し、投資どころをしっかり見極めてスループットの最大化に努めます。
 
 

7.家族との旅行

上で休日って書いたけど自分の場合の話は別になる。自分の家族には申し訳ないけど今までもこれからも本当の意味での休みは多くない。子どもたちも大きくなってきたし、ここぞという休みの時くらいは旅行に出かけて経験を作ることに時間を費やす。

普段の生活圏では経験できないことに積極的に関わらせて、国際感覚を身につけさせるのがベストですね。大自然系をメインで攻めようと考えてます。
 
 

8.仕事とは別の趣味をもつ

これまで趣味が仕事といってきましたが、なんかそれも味気ないのでちゃんとした趣味としてDTMやります。最近ハイスペックなPCを買ったので、ついでにAbletonLiveとPushとAPC40MKIIも買いました。

目的は自分の快楽にもっとも近い音の追求と創作、パターン化。気分を高揚させる音楽ってありますからね。さらにそれが自動化できるまでに極まったら、自分にとってなくてはならないパーソナルエンターテイメントになるかなって思ってます。

いつか自社の祝い事でどデカイパーティーをする時に最初から最後まで全部自分でオーガナイズしてみたいってのもありますね。
 
 

やりたいことだらけなのにLess is more

Less is moreといったにも関わらず、個人だけでこれだけありますから会社も含めたらやることが盛り沢山で、えらい大変な1年になりそうです。とりあえず忘れないうちに書き殴ってみました。

みなさま今年も1年よろしくお願い致します。 
 
  
ネーティネーティ、NO DISGUST, NO LIFE

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.