2014.12.3

学生の内に身につけておくべき4つのこと


IMG_3166

 

こんにちは!森高です。

 

最近、弊社の黒田と話している時に、ハッとした言葉があったので、今日はそのことについて書きます。

 

僕たち未来電子テクノロジーはインターン生を約20名ほど抱えています。

インターン生と接する中で色々教えたり、逆に教えられたりしているのですが、そのインターン生についてあーでもない、こーでもないと話している時に、

 

僕たち社員は、来ているインターン生の一番大事な時期を担ってるということを忘れるな。

だってそうやろ?19,20歳の仕事をする上でまっさらな時期で、一番吸収量が多い時期。

つまり、僕たちの仕事ぶりがその子等全員のスタンダードになっていくということ。

そんな大事な時期を僕たちが担っているということを忘れてはいけない。

 

と黒田にいわれ、これほんまその通り!!本当に心の心底から納得しました!

 

それをいわれた事で、これから社会に出て行くインターン生に対して僕たちは何を伝えるべきなのかということを考えるようになり、日々の生活の中で、僕を含めみんなが当たり前のことをちゃんとできていないことが分かったので今日はその4つのことについて書いて行きます。

 

1、目を見て話す、聞く。

 

これ、ほんまにできてない人多いなと感じます。これに気づいたのは意識して自分自身がする様になってからです。

つまり、自分自身もできてなかったということです。

特に意識が欠けがちなのが、

  • 自分に自信がない事柄を話すとき
  • 大勢で話を聞くとき

です。これ本当に面白いように当てはまります。

特に大勢になると、聞いている本人は見られていないと思っているのでしょうが、話をしている人は確実に気づいています。

逆に上記の状態で、しっかりと目を見て話したり聞いたりできる人は、他の人より親近感が湧いてもっともっと話したいと思うし、なによりそれをしないということは一生懸命話している人に失礼です。

意識次第ですぐできることなので、絶対意識してやるべきだなと思います。

 

2、レスを8時間以内にする。

 

簡単に思えますが、結構できない人が多いです。

なぜなら、普段の色々な事があって後回しにして忘れてしまうんですね。

結果返事が大幅に遅れる。これは本当に信用を失います。

これの解決策は、その場で返信する癖をつけること。

そして、返事が遅くなりそうなときは、その旨を伝えていつ頃に返信するのかを伝える。

こうすれば、解決できると思います。これでも結構継続するのが難しいんですよね〜。笑

 

3、約束を守る。

 

よくいるのが、ココに書いているような「やるやる詐欺」をする人。

ほんまにえーねんってなります。でも気を抜くとやってしまうんですよね。

「あ。忘れてた。今からやります!」

これアウト!!信用がた落ちです。

本当にきちんとするのって難しい!!

 

4、お礼を忘れない。

 

お礼はしつこいぐらいにしてちょうどいいぐらいだと思います。

人から紹介を貰った時。ごちそうになったとき。プレゼントをもらったとき。

①その場、②メール、③次の日にありがとうを伝えるようにしています。

 

逆に、インターン生をご飯を誘う時にそれぐらいされると僕自身も嬉しいです。

めんどくさいかも知れませんがその一手間が積み重なるんだろうなと感じています。

 

 

まとめ

 

人を教育するってめっちゃ大変ですけど、得るものもめっちゃ多いなって感じます。

僕たちも今年の7月以降、急激にインターン生が増えたことで、教える機会が増えて結果それが自分の成長に繋がっているなと感じます。

だからこそ、もっと自分に厳しく、他人に対して感謝して、仕事をして行かなければならないなと思いました。

 

今月も頑張ります!あざした!!

追記

インターンに悩まれている方向けにLINE@を開設しました。
大手もベンチャーも経験した人事担当者がみなさんの疑問に答えてくれます。
インターン、就活について聞きたいことがある方は以下のボタンをクリックして質問してみてください。
LINEat_logotype_Green


この記事を書いた人

森高 大貴

PRチーム

森高 大貴