関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 朝が辛い、、、だからこその早起き!!

qwqd

 

こんにちは!

デザイナーのひろきちです。

みなさん「朝活」って知っていますか?

最近よく聞くけどあんま知らないって感じですかね。

朝活を実際に行っている方は積極的に物事に取り組める人が多いようです。

とはいっても実際に朝活をされてる方は少ないと思います。

毎日夜遅くまでお仕事されている方にとっては五時起き?四時起き?無理ですって話ですよね。

そこで有意義な一日を送るために僕が最近やっている「ちょっと朝時間」を紹介しようと思います。

 

いつもより30分早く起きる

dfggd

 

僕は30分だけ早く起きます。

というか30分が早く起きる限界です。

まずはいつもより少し早く起きるところから始めましょう。

この30分で今までの朝とはすこし違ったものが見れるかもしれません。

 

まず何か飲もう

0694d

 

僕ならコーヒーなどですが、水でもいいです。

何か胃になにか入れることで自然と体が目を覚ますので、起きたらすぐなにか飲みましょう。

飲むために起きるのが無理なんだ!ってひとは、枕元にお水を置いておき、寝ぼけながらでも飲んでみると、二度寝せず起きれるはず!

 

朝食、予定確認、情報収集、

0694a

 

朝ご飯は必ず食べましょう。

朝は食欲が湧かない人はたくさんいると思いますが、食べずに家を出ると頭が働かず、結局効率が悪くなってしまうので、少しでも食べるようにしましょう。

そして同時進行で一日の予定、タスク確認、その後色んな上がっている記事を見たりします。

頭を働かせ、目を覚まさせます。

仕事が始まっても、半分寝ぼけたまま。

朝が少しすぎたくらいから、やっと身が入る。

そうならない為に出勤前から頭を起こしておけば、始めから仕事へ最高の状態から入り込めます。

 

上がる音楽を聞く

sdsdsdsds

 

テンションをあげる為、僕は上がる音楽を聞きます。

モチベーションって大事です。

朝から憂鬱になっていては、仕事に身が入りません。

テンションあげていきましょう。

 

「ちょっと朝時間」と名付けて行っていますが、ようするにただの早起きなんです。

しっかり習慣化させるために、イベント化させるために名前をつけてやってるわけです。

朝活のようにどこかにいって活動するわけではないですが、30分早く起きるかどうかでしっかりした朝を迎えれるかがすごく変わってくるのであれば、容易いことですよね。

これぞ「ちょっと朝時間」なのです!

僕は常に効率よく、有意義に生活できるかどうか考えています。

その上で一日のスタートである朝をどう過ごすかはすごく重要です。

一度朝の過ごし方を見直してみてはどうでしょうか?

 

あなたの清きコメントもお待ちしております!

この記事を書いた人
赤崎 大樹
赤崎 大樹

クリエイターチームデザイナー

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.