関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 「すみません!5分程遅れます!」という人は必ず15分程遅れるといういう話

941f4da3d1e3f78e98706a98db0be0ce_m

その場しのぎは辞めとけ!後から自分の首を締めるハメになるぞ!

こんにちは!
メディアチームの黒田です。

ビジネスパーソンたる者!遅刻は厳禁ですよね。

高校、大学なら遅延証明書を持っていればOKかもしれませんが、仕事の場において遅延証明書なんてものは何の意味も持ちません。

遅刻は遅刻。

と言いましても、人間なら遅れてしまうことだって、年に1回ぐらいはありますよね!?

前の商談が長引いいてしまったとか、新幹線が人身事故で止まってしまったとか、もろもろ。

そんな時、遅れてしまうことが確実であれば今から向かう先に電話をしますよね。

「すみません!ちょっと遅れてしまいます!急いで行きます!」
的な感じでしょうか。

それ自体は何も問題ないと思うのですが、ポイントは伝え方です!
 
 

伝え方ひとつで相手に与える印象はかなり変わる

 
例えば、

「すみません、5分程遅れてしまいます!急いで行きます!」
と言って、10分遅れて行く人。

かたや、

「すみません、15分程遅れてしまいます!急いで行きます!」
と言って、10分遅れて行く人。

ほんの小さなことですが、相手に与える印象は違うと思います。
心理的に、それも結構。

要は、その場しのぎなんですよね。
皆、僕も含めて(笑)。

しかしですね、これを続けてしまうと後々苦しい。
ボディブローのように効いてくる感じですかね。

あ、遅刻だけじゃないですよ!これは。

Aさん「30分で終わります!」
と言って、結果1時間かかった。
 
 
Bさん「2時間程度で終わります!」
と言って、結果1時間で終えた。

Aさん「1万ぐらいかなぁ」
と言って、結果3万かかった。
 
 
Bさん「5万ぐらいかなぁ」
と言って、結果3万で済んだ。

心理的に与える印象が違いますよね。
結果が同じでも、違うこの感じ。

でも人間目の前の痛みを少しでも和らげたいので、Aさんの伝え方になりがち。
あんまりよくないですよね!

なのでもう一度言っておきます!

その場しのぎは辞めとけ!後から自分の首を締めるハメになるぞ!

あ、遅れる時連絡しない人は論外だと思います(笑)。

おちまい。

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
黒田 圭一
黒田 圭一

メディアチーム/営業統括責任者

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.