関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > 本当は怖いと思っていないのに怖いフリをして書いたようわからん話

IMG_0389_mini

冷静になって考えるとあれもこれも全部おかしいよなって話

さっき東京から帰ってくる新幹線で、横に香水くっさいおばはんが乗ってきたんですよ。

こっちはせっかく美味そうな焼売炒飯弁当(しゅうまいちゃーはんべんとう)を買って、味わいながら食べようと気持ちようフタを開けたところやのにそんなんされたら、
 
 

2時間40分の地獄がはじまった

 
 
って思うじゃないですか、普通。

だからずっとおばはんの方向いて、うっとおしそうな顔しながら弁当食べてたんですよ。

そしたら、ふと自分の「ある」感覚に気がついたんですよね。
 
 
鼻が慣れてしまって全く臭いを感じなくなってる!!
 
 

環境に適応してもうとるんですよ、わいの鼻が!!!

 
 
そんな過酷な環境やのにっ!!!
 
 
この体験から得たことは、当たり前になってしまうってめっちゃ怖いなってことです。

あんな臭いニオイを嗅がせられながら焼売炒飯弁当を食っても、環境に適応するとえらいもんで美味いと思ってましたもんね。ほんまはそんな美味くなかったのに
 
 
ここにも当たり前は存在してます。新幹線で食べる弁当はなんか美味いじゃないですか。環境に適応しすぎて別にそんな美味くないのに美味いと思ってしまう。そこでもまた当たり前に毒されてたんですよ。

また別の話になりますけど、最近イスラム国がどこどこを占拠したとかニュースでやってますよね?

ほんでイスラム国にアウトローな若い奴が集まってるとかそんなニュースを見てね、これ異常事態やんけって思ったんですよ。
 
 
でもよう考えたら三国志とか戦国時代とか、最近でいうと世界大戦の時代から考えたらそれって結構普通のことなんですよね。
 
 
それやのになんでこれを異常事態と思ってるのか?
 
 
別に戦争を肯定するわけじゃないですが、平和なのが当たり前になってもうてるやんってなりますよね。
 
 

戦争なんか昔の話やから今は何も危なないで!

 
 
ってアホヅラ下げて陽気に思い込んでる自分に対して危機感があふれてきた。
 
 
つまり、僕たちは何かハイコンテクストな奇妙な力にだまされてるんですよ。
 
 
もっというと、この数学の定理はなんでこの定理なんだとか、なんで会社に属して働かなあかんのかとか、そういう当たり前になってることを疑うことを一切考えてなかった。

僕自身、ちょっとは疑ってたから起業してますが結局いうてもそこ止まりですわ。1つ視点を上げるともう当たり前に毒されています
 
 
この定理はこういうもんやからこういうもんとして理解せな!とか、組織とはこういうものやからどこか就職するのが当たり前やから!とか。疑うという発想すら出てこない。
 
 
テクノロジーの進化によって、より自由になる方向に力学は働いてるはずやのに、昔の人たちみたいに疑問を持って考えることをせずに、無意識レベルで考えるのをやめてしまってる自分がいるんですよ。
 
 
それに気づく強烈な体験をした今週は、冷静になってあれこれ考えてたら、そこら中にバイアスがあふれててこの世界で生きてることに怖くなってきた
 
 

合理的で波風を立てないようなゴミバイアス

 
 
なんかもう正しさの在り方がどんどんわからんようになってきてる。

いまじぶんが突っ込んでる「スタートアップ」なんていう定義も誰かのいいように作られてるもので、自然とそこに突っ込むのが正しいと思ってた。

スタートアップも「嘘も方便」なんでしょ

 
 
そんなものは存在しない。

だって時代を代表する本当にすごいプロダクト以外、自分が考えてたことも含めてすべて何かの前提ありきなんやって気づいた。ゴミですよほんと。
 
 
本来、いまある何かの延長線上には存在しない魅力的なプロダクトを作って、インパクトを起こして、ユーザーを新しいライフスタイルに心酔させて、新しい当たり前を作る。
 
 
そしてやがてそれが宗教になってバカが対立戦争を起こす。
 
 
でも教祖としてはそんな戦争どうでもいいと思っていて、また次のものを生み出すためにバイアス探しに精を出す。

すべての戦いは生み出された油カスの取り合いですね。ひっそりと裏で美味いうどんを食べてる誰かの手の上で転がされてるだけ
 
 
見えないけど確実に存在してる「中庸」に向かう力学
 
 
この力が人間の五感までを操作して当たり前を生み出し、香水くっさいおばはんの臭いにまで適応させやがる
 
 
何かがグツグツと煮えたぎり変化し続けているけど、その爆発のエネルギーを享受する火山の火口を作ることを考えずに
 
 

このへんは火山地帯で暖かいから、かき氷が売れそうやなぁ

 
 
みたいなことばかり考えてる。なんやこれ。
 
 
価値観が違うと一切伝わらない話なのはわかった上で書いていて、その上でなにが言いたいのかって言うと、
 
 

爆発

 
 
ってことです。ようわからんでしょ。そんなもんです。
 
 
最後になりましたが、さっき怖いって書いたけどほんまは何も怖いと思ってないんですけどね

あなたの清きコメントもお待ちしております!

, ,

この記事を書いた人
福本 真士
福本 真士

代表取締役社長/CEO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.