関西の長期インターン実績NO.1の未来電子テクノロジー

HOME > BLOG > iPhone6、6plus「デカすぎる」って意見の人は視野狭いだけでしょ?

スクリーンショット 2014-09-13 15.42.17

遂にiPhone6、6plusの予約が開始されましたね。
AppleStoreはアクセスが集中して、なかなか繋がらない状態になっていたみたいですね。

ところで、iPhone6、6plusがデカくなった事に
「持ちにくい」「タブレットじゃねーか」
と言ってる人、多すぎませんか?

批判を承知で言いましょう。

君たち、視野狭くないかい?

スマホは大画面派?スマート派?

今までもスマートフォンの画面サイズに関しては、様々な意見があったと思います。

「片手で持てない大きさは嫌」
という小さいままでいて派

「大きい画面を見慣れたら、もう小さい画面に戻れない」
という大画面肯定派

ちなみに、手が小さくない私も、iPhone5sの時点で端の方を押しにくく感じていました。

iPhone4sから機種変更した時、
「軽さ・薄さで持てるけど、大きさではこれが限界だな。
これ以上デカくせんといてくれ…」

と正直、感じました。

しかし、私は今回のサイズupには肯定派です。

なぜ私は今回のiPhoneのサイズup肯定派なのか

確かにiPhone6、6plusだけを見ていると、凄く持ちにくそうです。
ポッケに入れることが多い私も、今後はそれが出来なくなるかもしれません。

でも。

持ちにくくなっても、
ポッケに入れれなくなっても、
それ自体、必要なくなれば問題ないよね?

ポイントは、同時におひろめされた、
2015年発売予定のAppleWatch。

私はiPhone+AppleWatchをデフォにするというAppleの描く未来への布石ではないかと思っています。

そう、つまり。
「いつからスマホは持つものだと錯覚していた?」
ということです。

これからはiPhoneは鞄の中にある母機となるでしょう。

そして、AppleWatch(あるいは今後登場するかもしれないウェアラブルデバイス)で動かす、見る、話すという形になる。

AppleWatchはiPhoneとセットで持つものとして開発されています。
当然ながらAndroidをお持ちの方にとっては高価なオモチャでしかありません。

AppleWatchとしての機能は様々ありますが、あくまでもiPhoneありきの強力なサポーターです。

iPhone+AppleWatch

「時間を伝えるだけでなく、 時間の使い方を進化させる時計」
「All watches tell time. This one helps you make the most of it.」

スクリーンショット 2014-09-13 15.40.49

AppleWatchで操作すると言っても、現在わたしたちが1日のうちiPhoneを操作している時間の何%かを、AppleWatchに渡すわけではないでしょう。

両方が関与する事になる部分と、
新しく使う部分(時間)。

1つの事に両方が関与する事になる部分というのは、今までのアクションがスムーズ、あるいは簡単・便利になる部分です。
つまりiPhoneを使っていた時間に、AppleWatchが重なってくるわけです。

しかし、Appleのいう「進化した時間の使い方」はこの部分ではないと思います。

Appleが目指す「進化する時間の使い方」

iMac、MacBookなどでネットサーフィンしている時間をLong(~時間)
移動中、テレビCM中iPhoneを見ている時間をMiddle(~分)

とするなら、AppleWatchによって開拓されるのは

更に短いShort(~秒)部分。

例えば仕事中にトイレ(小)に行く時、iPhoneを持っていく人は少ないでしょう。
あるいは、ちょっと席を立って窓を開けに行くその数秒。
あるいは、何かをしていて両手がふさがっている時。

その瞬間、唯一と言っていいレベルで私たちはネットワークから一瞬離れます。

そのShort(〜秒)に、あるいは24時間肌身離さず、
今後AppleWatchは入り込んでくる
ことになります。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界

つまりどういう事が起こるか?

今まで以上に、デバイスに依存・管理される生活になる。

私たちは、ありとあらゆる時間、何かしらAppleWatchを介してネットワークに触れる事になるわけです。

こう言うと少し怖いかもしれません。
でも私は、すごくワクワクしています。

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2でタイムトラベルした2015年。

映画の中ほど、現実のテクノロジーは進化していないかもしれません。

しかし、SF映画のような世界がすぐそこまで迫ってきているという事です。

来年はiPhone+AppleWatchでWebが更に進化する!

iPhone6、6sが大きくなり、ポケットに入れられない、持ちにくくなったという人。
新しいiPhoneは、今回発表された1つのハードです。

もう少し視野を広げてみて下さい。
これはApple社がえがく、壮大な未来への第1歩だと感じませんか?

更に、先日行ってきたDevelopers Summit関西で初音玲さんの「モバイルがモーションセンサーに出会ったら」の話も合わせると…

これからどんどん可能性が広がって、サービスも新しい方面からのアプローチが出来るようになる!
これは面白くなってきそう!!

未来電子ではスタッフが続々と予約してます…いいなぁ〜。

ちなみに私はiPhone5sの支払いがまだ残っているので、機種変更はもう少し先になりそうです。
AppleWatchが発売されたタイミングと合わせて、買おうかなかな!

アデュ〜!

あなたの清きコメントもお待ちしております!

,

この記事を書いた人
森 文
森 文

クリエイターチーム執行役員/CDO

この人が書いた記事を見る≫
Copyright MIRAIDENSHI,Inc All Right Reserved.